Pocket

低汚染塗料は本当に汚れないの?注意点も解説!

低汚染塗料はその名の通り汚れが付きにくく、美観の維持に特化した塗料です。

各塗料メーカーが様々な低汚染塗料を開発していることもあり、低汚染塗料を提案されている方も多いでしょう。

コケやカビなどに悩まされている方なら特に低汚染塗料には魅力を感じることかと思いますが、まずは低汚染塗料の特徴と注意点についてしっかりと押さえておきましょう。

□低汚染塗料

低汚染塗料は「親水性」と言う水と馴染みやすい性質を持っており、この性質が汚れが付きにくくなっているメカニズムです。

水と馴染みやすい性質がなぜ汚れが付きにきくいことと関係があるのでしょうか。

皆さんも水と油は綺麗に混ざることはなく、互いに弾き合うことはご存知でしょう。

外壁に付着する汚れの成分は親油性であり、親水性を持つ低汚染塗料と汚れもまた互いに弾き合う関係にあるのです。

また、雨が降ると塗膜に雨水が馴染み、表面に軽く付着した状態の汚れを洗い流してくれます。(セルフクリーニング)

汚れが付きにくいと具体的にどのようなメリットが生まれるのでしょうか。

*メリット①

コケやカビは外壁に付着したほこりが水分を溜め込み、湿った環境が出来上がることで繁殖していきます。

低汚染塗料で塗装するとほこりが付着しにくくなるため、コケやカビの繁殖を抑えることができます。

*メリット②

何度も雨が降ることでサッシ廻りやベランダを中心に汚れを含んだ雨水が筋のように残ってしまいます。

しかし低汚染塗料は雨で汚れを流す特徴を持っているため、雨筋を作りにくくなっています。

*メリット③

汚れが付きにくいと言うことは洗浄のメンテナンスを抑えることに繋がります。

メンテナンスの頻度が減ることでコストを抑えることにもなるでしょう。

□低汚染塗料を選ぶなら?

多くのメーカーが低汚染塗料を開発していますが、中でもアステックペイントの超低汚染リファインはハウジングコートでも取り扱っております。

この超低汚染リファインシリーズは遮熱機能も兼ね備えているため、遮熱効果も取り入れたいと考えている方にはピッタリの塗料となることでしょう。

一般的な遮熱塗料は徐々に付着していく汚れが熱を吸収することで遮熱の効果が低下していきますが、超低汚染リファインは汚れが残りにくいため遮熱効果が長期間に渡って機能します。

□低汚染塗料の注意点

いいこと尽くしの塗料のように思えますが、汚れが付きにくい性質は雨により流されるため発揮されることから、雨が当たりにくい場所では効果を発揮しづらいと言えます。

ただし、汚れが残ってしまっている場合でも拭き取ることで汚れを落とすことができるので気になる場合にはご自身でメンテナンスをするとよいでしょう。

また、2種類の塗料を混ぜ合わせて使用する2液タイプの塗料では硬化剤の方に低汚染効果を持った成分が含まれているケースがほとんどですので、十分に混ぜ合わせて使用する必要があります。

□最後に

低汚染塗料は静電気を帯びにくいことからも汚れが付着しにくくなっています。

汚れが付きづらく、もし汚れが付いてしまっても雨で洗い流せる特徴を持っている塗料なのです。

以上で塗料選びのヒントになっていますと幸いです。

福岡市・太宰府市・筑紫野市・大野城市にお住まいの方で、外壁塗装・屋根塗装・防水工事をご検討の方は、信頼と実績のある弊社ハウジングコートに一度ご相談下さい。
お電話・メールどちらでも構いません、懇切丁寧に対応させて頂きます!(見積もり無料)

Pocket