Pocket

足場のアレコレ、実は騙されやすいポイントだった!?

高所作業を行う外壁・屋根の塗装工事では足場が欠かせません。

欠かせないと言うことは必ずお見積もりの中に組み込まれていなければならない項目となります。

それにも関わらず足場への知識が不十分なために、トラブルが多く発生しているのが実情です。

なぜ足場に関したトラブルが多く発生してしまうのでしょうか。

□足場無料で塗装工事をする?

「今だけ足場代無料キャンペーンをやっています!」「近所で塗装をしているのでその足場を使えば無料で足場が組めます!」

と言った売り文句はトラブルに発展する典型的なパターンです。

必要不可欠である以上足場は組まなければならないものであり、当然架設や解体には費用が発生します。

足場の代金が無料になることは決してなく、一見無料になっている様に見えて外壁や屋根、その他付帯部等に本来かかるはずの足場代が上乗せされている実態が隠されています。

「近所で工事をしているなら足場を運ぶ距離も短いし、安くなるのでは?」とも思いがちですが、足場代は運搬に発生しているのではなく組み立てに発生しているものです。

距離が近くても遠くても足場を組み立てる作業に変わりはありませんから、決して安くなることはないのです。

□足場を組まずに塗装して!?

塗装工事にかかる費用の約15%前後が足場代となるほどで、決して安くないためか足場をかけずに塗装して欲しいと希望される方がいます。

実は足場を使わずに脚立や上から吊るされた状態で塗装することは不可能ではないのです。

しかしそうした状態では足元が安定せず、上手く塗装ができなくなるだけでなく、作業をする職人の安全が確保されなくなります。

足場を組まずに塗装した結果、規定通りの塗装ができず雑な仕上がりになり、塗料が持つ本来の機能を大きく損ねることに繋がりかねません。

その損失は果たして足場代で惜しんだ金額に見合ったものですか?

□最後に

決して省くことのできない足場ですが、塗装店の中でも自社で足場を所有しており、組み立てることができる業者がほんのわずかにいます。

ほとんどの業者は足場屋にお願いすることになりますが、すべてを自社で済ませることができる場合は足場代を最も安く抑えることができます。

ただし自社で足場を抱え組み立てることができる業者は稀と言えるため、足場代にこだわって業者選びをすることは得策ではないと言えるでしょう。

福岡市・太宰府市・筑紫野市・大野城市にお住まいの方で、外壁塗装・屋根塗装・防水工事をご検討の方は、信頼と実績のある弊社ハウジングコートに一度ご相談下さい。
お電話・メールどちらでも構いません、懇切丁寧に対応させて頂きます!(見積もり無料)

Pocket