Pocket

基礎の塗装は必要?

基礎は建物の土台に当たる部分のことで、コンクリートが流し込まれて作られています。

建物を支えている重要な部分ではあるものの、私たちは外壁や屋根の塗装に気を取られがちで基礎のメンテナンスなんて考えたこともなかった、と言う方もいるでしょう。

さて、基礎部分の塗装は行わなくてはならないものなのでしょうか。

□基礎塗装はする?しない?

基礎塗装が勧められる理由として「ひび割れを補修する」「防水性を高め、カビ・コケの発生を抑える」「シロアリ対策」などが挙げられます。

しかし、実は基礎を塗装することで解決するのは表面上の問題でしかありません。

例えば基礎の状態を見て、細かいひび割れが発生していると基礎が傷んでいるのではないか?放置しては危ないのではないか?と感じられるかも知れませんが、私たちが目にしている基礎はコンクリートの表面に塗られた「化粧モルタル」と呼ばれるもので、初期症状である細かいひび割れはこの化粧モルタル部分に発生したものです。

化粧モルタルの塗装は基礎の保護になると判断された場合には基礎塗装が勧められますが塗装によって保護されるのは表面の化粧モルタルだけになります。

美観を考えた場合には基礎塗装は有効と言えますが、お家にとって大事な部分は化粧モルタルではなくその奥にあるコンクリート部分なのです。

基礎塗装が抱える問題の一つとして、内部のコンクリートが傷んでいることに気付けなくなってしまうことがあります。

もし内部で何かしらの問題が発生しても表面は塗装により綺麗な状態が維持されるため、悪い症状が発生しても気付くことができなくなります。

特に基礎が抱えやすい問題として水漏れが挙げられますが、表面を塗装していると水漏れの症状は表に出てくることはありません。

内部で水漏れが発生すると湿気によりせっかくの塗装が剥がれやすくなってしまったり、コンクリートを通る鉄筋が錆びて強度を失ってしまうのです。

□基礎のメンテナンスはどうすればいい?

基礎のメンテナンスに関しては、安易に塗装してしまうことよりも補強工事を行うべきだと言えます。

どうしても基礎を塗装したい!と考えている方はリバコンと呼ばれる材料を検討してみましょう。

基礎に塗ることで材料が中へ浸透し、コンクリート内部の質を改善してくれます。

この上からであれば塗装をしても問題ありません。

基礎が補強され、美観維持や表面の保護もできるため基礎自体の強度を保つことができます。

□最後に

基礎を塗装する際は外壁や屋根とは違い、基礎専用の塗料を使う必要もあります。

基礎は地面からの水分を吸い上げたり、雨の跳ね返りを受けやすい場所になるため基礎に適した塗料を使用しましょう。

福岡市・太宰府市・筑紫野市・大野城市にお住まいの方で、外壁塗装・屋根塗装・防水工事をご検討の方は、信頼と実績のある弊社ハウジングコートに一度ご相談下さい。
お電話・メールどちらでも構いません、懇切丁寧に対応させて頂きます!(見積もり無料)

Pocket