Pocket

外壁にクラック発生!その原因とは?

外壁の劣化症状の一つとして挙げられるクラックですが、症状が進行してクラックが広がっていくと不安を覚えてしまいます。

見た目も良くはありませんし、クラックが進行してしまう前に必要なメンテナンスを行っておきたいものです。

ここでは外壁にクラックが発生してしまった理由について解説いたします。

□クラックの種類と発生原因

クラックと言っても、その状態によって様々な種類に分けることが出来ますが、ここでは3種類を紹介していきます。

それぞれに発生原因が違うため一つずつ見ていきましょう。

*ヘアークラック

クラックの幅が0.3㎜以下、深さが4㎜以下の微細なひび割れの事を指し、髪の毛の様に細い事が特徴です。

クラックと言えばモルタルの外壁に起こりやすい症状ではありますが、ヘアークラックに関しては窯業系サイディングやコンクリート外壁にも見られる現象でメンテナンスの緊急性は低いクラックになります。

ヘアークラックの発生原因として最も多いのが経年劣化です。

外壁自体が寒暖の変化などにより膨張や収縮を繰り返している中、劣化により膨張や収縮に耐えられなくなった外壁や塗膜に亀裂が生じることでヘアークラックが発生します。

また、塗料の耐用年数と比べ極端に短い期間でヘアークラックが発生してしまった場合には施工時に乾燥時間を適切に確保できていなかったことや塗料の相性を確認しなかったことによる施工不良も考えられます。

*構造クラック

ヒビが外壁の表面だけではなく内部の鉄筋まで到達しており、建物の安全性に影響を及ぼす危険性を持ったクラックが構造クラックです。

クラック部分から雨水などが侵入することにより、内部の鉄骨が錆びてしまうと建物全体に危険が及ぶことからヘアークラックと比較してもメンテナンスの緊急性が高まります。

構造クラックは外壁の内部から発生しており、建物自体が地震などにより衝撃を受ける事で歪みや割れを引き起こした状態です。

また、ヘアークラックが構造クラックへと進行してしまう可能性もあります。

*開口クラック

構造クラック同様に、建物に負荷がかかったために発生するクラックです。

開口クラックは窓や扉などの開口部周辺に発生し、上下左右からの力がかかりやすいために発生してしまいます。

特に雨水の影響を受けやすいため、出来るだけ早急な対応が求められます。

□最後に

細かなヘアークラックでも不安に感じた場合はまず業者へ連絡をしてみましょう。

詳細な調査や必要なメンテナンスを行い、大切なお住まいを守りましょう。

福岡市・太宰府市・筑紫野市・大野城市にお住まいの方で、外壁塗装・屋根塗装・防水工事をご検討の方は、信頼と実績のある弊社ハウジングコートに一度ご相談下さい。
お電話・メールどちらでも構いません、懇切丁寧に対応させて頂きます!(見積もり無料)

Pocket