Pocket

台風が来た後は家全体をチェックしましょう

毎年日本を襲う台風。

地球温暖化などの影響もあり、今後も甚大な被害をもたらす規模の台風がいつ来てもおかしくありませんし、これまでに台風の進路上になかった地域でも大丈夫だとは言えない状況になっています。

台風の対策も大切ですが、台風が過ぎ去った後の事も考えなくてはなりません。

台風が過ぎ去った後はどのようなポイントに注目すれば良いのでしょうか。

□屋根のポイント

台風による被害が最も多いと言われている屋根ですが、近年関東地方を襲った大型の台風では多くの住宅の屋根がブルーシートに覆われていましたよね。

この事からも屋根の被害は大きいことが伺えますが、台風後には主に次のような点をチェックして屋根を確認しましょう。

・トタン屋根であれば、飛ばされていたり浮き上がっている部分はありませんか?

・瓦屋根であれば、瓦がズレている部分はありませんか?

・瓦やスレート屋根で屋根材に割れや亀裂はありませんか?

・棟瓦は歪んでいませんか?漆喰は崩れていませんか?

・棟板金が飛ばされたり浮き上がったりしていませんか?

・金属屋根であれば、何かがぶつかった跡のような傷はありませんか?

建物の中でも最も高い場所にあたる屋根は、台風などの強風の被害を最も受けやすいと言えます。

特に台風シーズンには立て続けに台風の被害を受けることもあり、始めは小さな破損程度だったものが次々にやって来る台風により被害が拡大してしまう恐れも。

小さな劣化でもまだ大丈夫と思わずに早めに業者に連絡をするようにしましょう。

□外壁のポイント

屋根程ではありませんが、台風による外壁の被害は少なくありません。

台風対策をしていても、周囲の物が飛んできて外壁が破損してしまうこともあります。

では台風後にチェックしたい外壁のポイントを確認しましょう。

・外壁塗装に剥がれている部分はありませんか?

・外壁に何かがぶつかって亀裂や穴は発生していませんか?

・外壁ボードに浮いている部分はありませんか?

・窓枠のサッシなどに破損している部分はありませんか?

・目地やドア、窓枠のコーキングに脱落やひび割れはありませんか?

自動車をも横転させる威力を持った台風ではどんなものが風に飛ばされてくるか分かりません。

台風の後は何かが飛んできた形跡はないかなどをしっかりとチェックしておきましょう。

□雨樋のチェック

最後に雨樋もチェックしていきます。

塗装工事においても放置されがちな雨樋は台風後のチェックポイントとしても見落とされがちです。

雨水を適切に排水するために取り付けられている雨樋もきちんとチェックしましょう。

・強風で飛ばされてきたゴミや落ち葉で雨樋が詰まっていませんか?

・強風によって雨樋が外れている箇所はありませんか?金具は外れていませんか?傾斜はズレていませんか?

特に台風の後はゴミや落ち葉が雨樋に溜まっている事が多いです。

雨樋の傾斜はズレることによって雨樋内で逆流が起き、雨漏りが発生するケースも多いのです。

また、ベランダや陸屋根の排水溝周りの詰まりにも同時に注意しましょう。

□最後に

近年では大きな被害をもたらす台風が増えています。

台風による被害で住まいの安全や寿命が損なわれてしまわない様、台風の後はきちんと被害がないかを確認しておきましょう。

福岡市・太宰府市・筑紫野市・大野城市にお住まいの方で、外壁塗装・屋根塗装・防水工事をご検討の方は、信頼と実績のある弊社ハウジングコートに一度ご相談下さい。
お電話・メールどちらでも構いません、懇切丁寧に対応させて頂きます!(見積もり無料)

Pocket