Pocket

外壁にツタを生やしている家ってどうなの?

室内の温度上昇を抑えることができるとして一時期話題にもなっていた壁の緑化。

壁一面に広がるツタは独特な雰囲気も出るため、外壁のアクセントとして使われることも。

しかしツタは壁一面を覆ってしまうこともあり、外壁への影響が全くないとは言えません。

ツタを利用した緑化ではどんなことに気を付ければよいのでしょうか。

□外壁にツタを生やすと起こること

ツタを外壁に生やすことでメリットもデメリットも発生します。

緑化と言われるくらいなので代表的なメリットは室温上昇を抑えられることでしょう。

特に真夏の西日は厳しく、西側の部屋は夜中でも熱がこもったままという経験もよくあるでしょう。

西日をツタが遮ることで日差しを軽減してくれますし、冬には落葉するため日差しを確保することができます。

また、ツタが生えている住宅は独特な雰囲気を感じるものです。

塗装だけでは得られないデザインになりますし、ツタには紅葉があるため秋には赤く色づいた葉を楽しむこともできます。

反対にツタを生やすことで起こるデメリットにはメンテナンスの必要があることと外壁が劣化しやすくなることが挙げられます。

青々と茂るツタの葉はとても丈夫ですが、紅葉シーズンを終えた後には落葉してしまいます。

落ち葉の掃除はもちろん大変ですが、落ち葉が雨樋に詰まってしまうこともあります。

その上生い茂る葉には虫が集まりやすくなります。

中にはハチなどの危険な虫が集まることもあるため注意が必要です。

そしてツタは、「吸盤」と「気根」を使って壁に張り付きながら成長しています。

この吸盤と気根が外壁を劣化させる原因で、外壁の小さな凸凹やシーリング部分に根を張ることで外壁材やシーリングが傷んでしまいます。

□ツタを除去したい時には

一度広がってしまったツタは、ツタを取り除くかその上で外壁の塗装をするかのいずれかを考えなければなりません。

ツタを取り除くだけであれば費用が抑えられますが、吸盤の跡が残ってしまいます。

これは吸盤や気根が外壁自体に根を張ってしまっているためツタを取り除くだけでは綺麗にすることができないためです。

吸盤や気根の跡が気になる場合には外壁塗装をします。

塗装を行えば吸盤や気根の跡が消えることはもちろんですが、外壁自体の補修も行われるため、劣化対策も同時に行えます。

□最後に

ツタでできた緑のカーテンには一度は憧れるものですが、いい事ばかりではありません。

住まいの将来を考えてツタを上手く利用したいものですね。

福岡市・太宰府市・筑紫野市・大野城市にお住まいの方で、外壁塗装・屋根塗装・防水工事をご検討の方は、信頼と実績のある弊社ハウジングコートに一度ご相談下さい。
お電話・メールどちらでも構いません、懇切丁寧に対応させて頂きます!(見積もり無料)

Pocket