Pocket

こんな場所からも!?雨漏りしているんですこんな場所からも!?雨漏りしているんです

雨漏りと聞けば天井に染みができているもので屋根から漏っていると思うもの。

染みを確認できるため、雨漏りをしていることにも気づきやすいのが屋根からの雨漏りです。

しかし雨漏りをしていると感じて屋根の点検をしてもらったところ、特に問題はないと言われることも。

この場合、屋根ではなく外壁から雨漏りをしていたというケースが多く屋根の点検ではわかるはずもありません。

外壁には目立った損傷がなくても色んなところから雨漏れは発生します。

□外壁から雨水が浸入する箇所

外壁が原因となる雨漏りは次のような箇所から発生する可能性があります。

*サッシ廻り

窓を取り付けているサッシの廻りに充填されているシーリングが劣化して傷んできたり、サッシを固定している釘やビスなどの緩みや変形が原因で雨水が浸入します。

これらにはシーリングの打ち増しや打ち替え、サッシを固定したり交換することで補修を行います。

*サイディングの目地

サッシ廻りと同様に、充填されているシーリングが割れや剥がれを起こすことで雨水が浸入してしまいます。

サイディングの目地のシーリングには打ち替えで対応します。

*幕板

幕板には実は横方向の目地を隠す役割を持っている場合があります。

この場合は幕板の裏に目地があり、目地部分のシーリングが劣化して雨水が浸入する可能性があります。

*水切り板金

異なる部材同士の接合部分には雨水の侵入を防ぐために水切り板金が使われています。

水切り板金もシーリングの劣化や釘の浮き、サビや腐食などにより雨漏りが発生する恐れがあります。

補修には水切り板金を固定し直す方法やシーリング材で対応する方法、場合によってはカバー工法を行ったり交換することがあります。

*外壁の傷や変形

クラックや反り、釘の抜けた穴などは雨水が浸入することが想定しやすい症状です。

劣化具合に応じてシーリング材で埋めたり部分的な取り換えを行ったり、全面的なカバー工法や張り替えを行います。

□状況によって雨漏りをする

同じ大雨でも雨漏りをする時としない時とありませんか?

これは窓や板金だけではなく換気フードや室外機のホースなど、外壁に取り付けられている様々なものが原因であるかもしれません。

一見問題ないように見えるシーリング材も実は剥がれを起こしていたとするとどうなるでしょうか。

通常シーリング材でしっかり固定されている様でも強風により換気フードや室外機のホースなどが煽られ、一時的に隙間が発生します。

この時に雨が降っていればこの隙間から雨水が浸入して雨漏りが発生することが考えられるのです。

□最後に

雨漏りは隙間があれば発生します。

しかし、どこから雨漏りが発生しているかを見抜くのは非常に困難な場合もあるのです。

福岡市・太宰府市・筑紫野市・大野城市にお住まいの方で、外壁塗装・屋根塗装・防水工事をご検討の方は、信頼と実績のある弊社ハウジングコートに一度ご相談下さい。
お電話・メールどちらでも構いません、懇切丁寧に対応させて頂きます!(見積もり無料)

Pocket