Pocket

コーキング?シーリング?何が違うの?

特にサイディングの外壁で出来たお家にお住まいの方は見積もりを貰った時にコーキングを打ち替えます、シーリングを打ち替えますとそれぞれ説明された経験はありませんか?

同じことを指している様で名称が全く違うため、何か材料や性能に違いがあるのかな?と思うことでしょう。

コーキングとシーリング、似て非なるもののように感じますが実際はどうなのでしょうか。

□コーキングとシーリング

結論から言うとどちらも同じものを指していますし、名前が違うからと言って素材や機能が変わることはありません。

では一体なぜ同じものなのに違う呼び名が存在しているのでしょうか。

これは元々コーキングとシーリングでは使われる場所が違っていたことに由来しています。

コーキングは造船で、シーリングは封緘として使われていたものが語源になっていますが後にシーリングという言葉も同じ現場で使われるようになります。

その名残が建築業界には根付き、塗装の現場でもコーキングとシーリングが混在しているのです。

ただし、建築業界以外でもこれらは使われる言葉であり広い分野においてシーリングという言葉の方が一般的です。

もちろんコーキングと呼ぶこともあるようですがシーリングの方が圧倒的に多く使われています。

紛らわしいですが、同じ業者の中でも人によって呼び方が統一されていないため混乱を招いてしまいますが、作業や材料自体には違いはないためご安心くださいね。

□コーキング・シーリングと説明されたのに?

しかし混乱を招いているのはコーキングとシーリングだけではありません。

紛らわしいことに、メーカーや商品によってもまた違う呼び名が存在するのです。

例えばコークと言う商品もあればシーラントと言う商品もありますし、シール材と呼ばれることもあります。

見積書や担当営業マンの説明ではコーキング工事を行うと聞いていたのに実際に使う材料を見てみたらシーラントと言う名前だった、なんてことが起こればそんなことを知らない私たちは騙されている!と感じてしまうかも知れませんよね。

ですがこれらも成分や機能面に違いはないため説明と商品の名前が違っていても決して焦らないようにしましょう。

ただし、シーラーは塗装においては下塗り材に使う塗料の事を主に指します。

□最後に

もしコーキングやシーリングについてまだ分からないことがあるようでしたら是非担当者や業者に尋ねてみましょう。

福岡市・太宰府市・筑紫野市・大野城市にお住まいの方で、外壁塗装・屋根塗装・防水工事をご検討の方は、信頼と実績のある弊社ハウジングコートに一度ご相談下さい。
お電話・メールどちらでも構いません、懇切丁寧に対応させて頂きます!(見積もり無料)

Pocket