Pocket

マンションの大規模改修は何か違うの?

一般的に外壁塗装が必要なのは皆様のお住まいのことだと思っている方も多いかも知れませんが、戸建住宅は塗装しなくてはならないと言うものの塗装することは決して義務ではありません。

塗装しないまま何十年も放置すれば住めなくなる危険性が高まるだけで、塗装を一度もしていない方もいますよね。

しかし、アパートやマンションなどの施設は建築基準法により定期点検や特定行政庁への報告が義務付けられているのです。

□マンションの外壁補修

マンションに加え劇場や百貨店、ホテル、病院などの大規模施設は不特定多数の人が利用する場所です。

特に日本は地震大国であり、大きな地震も珍しくはありません。

こうした場所では地震などの災害時に大きな被害が出ることが想定されるのです。

建物によってはタイルを使用しているものもあります。

建物の内部的な強度のみならず、劣化している状態の外壁のタイルにも十分気を付けなくてはなりません。

修繕を怠ったがために剥がれたタイルが落下して歩行者に当たった…なんてことが起きればもう取り返しがつきません。

□マンションと戸建住宅

マンションの改修工事と戸建住宅の外壁塗装には何か違いはあるのでしょうか。

目立って違うものと言えば工期や費用面です。

戸建住宅とは違い、塗装面積や修繕箇所も広範囲になるためそれだけの時間と費用がかかってしまいます。

しかしそれ以外に関しては基本的に戸建住宅を塗装する時と同じような手順で進めることが出来ます。

マンションだからと言って特別マンション用の塗料があるわけではないため、外壁塗装で使われるものと同じ塗料を使うことが多く、耐用年数も塗料に依存することになります。

*工事が始まる前に住民には告知を

戸建住宅の工事が始まる時には遅くても工事に着手する前日には近隣への挨拶を行わなくてはなりませんが、マンションには多くの人が住んでいます。

それぞれに事情を抱えていることもあるため、工事のお知らせは最低でも3ヶ月前には行っておきます。

告知には協力事項や工事日程などを記したチラシをポストに投函する方法が一般的です。

その際告知は何度か行えば住民が見逃すリスクを避けられますし、工事するなんて聞いていないと言ったトラブルを避けられます。

また、共用の掲示板にもお知らせを張り出すなどの工夫を行うとよいでしょう。

□最後に

マンションの大規模改修においても基本的に気を付けなくてはならない部分は同じです。

オーナー様や管理者の方はいつか行わなくてはならない大規模改修工事をどういった業者にお任せするかを少しずつ考えてもいいかもしれませんね。

福岡市・太宰府市・筑紫野市・大野城市にお住まいの方で、外壁塗装・屋根塗装・防水工事をご検討の方は、信頼と実績のある弊社ハウジングコートに一度ご相談下さい。
お電話・メールどちらでも構いません、懇切丁寧に対応させて頂きます!(見積もり無料)

Pocket