Pocket

ピュアアクリル塗料って何?

アクリル塗料と言えばかつてはよく使われていた塗料ですが、現在では耐久年数が低いためほとんど使われることはなくなりました。

しかし、今回ご紹介するのは単なるアクリル塗料ではなく「ピュア」アクリル塗料です。

「アクリル塗料と何が違うの?」「ピュアってことは綺麗な塗料ってこと?」

と様々思うところがあると思います。

では、ピュアアクリル塗料について見ていきましょう。

□ピュアアクリル塗料とは?

ピュアアクリル塗料は私たちハウジングコートでも取り扱っている「アステックペイント」が製造している塗料です。

通常のアクリル塗料に含まれている不純物を出来る限り取り除いたものがピュアアクリル塗料です。

ですので、アクリル塗料とピュアアクリル塗料は全くの別物として扱われます。

ピュアアクリルの耐久年数は15年程度で、高い耐久性を誇るフッ素塗料と遜色ない耐久性があります。

□ピュアアクリル塗料の特徴

こちらではピュアアクリル塗料のメリット・デメリットのご説明をいたします。

*メリット1「防水性が高い」

ピュアアクリル塗料の一番の特徴は弾性が高いことから得られる防水性です。

アクリル・シリコン・フッ素・無機などの塗料は硬化をするため、地震などの揺れや温度や湿度による伸縮が発生するとひび割れを起こしてしまいます。

このひび割れが大きなものになると割れた部分から雨水などの水分が浸入し、劣化や雨漏りの原因になります。

反対にピュアアクリル塗料は塗膜が伸びる性質を持っているため、地震や伸縮によって外壁材にひび割れが起きても塗膜がひびを覆うことで防水性が持続するのです。

*メリット2「高い耐久性」

上記でも少しお話しましたが、ピュアアクリルの耐久年数は15年程度で、フッ素と同等の性能を持っています。

※塗料の耐久性をテストする促進耐候性試験で15年以上の耐候性を持つことが確認されています。

*デメリット1「汚れやすい」

ピュアアクリル塗料の最大のデメリットは汚れやすいことです。弾性塗料は汚れやすいことに起因します。

「どうして弾性塗料は汚れやすいの?」と疑問を持たれる方もいらっしゃると思いますが、一般的なゴム製品を想像してみると汚れがくっつきやすいことがわかるかと思います。

これと同じことが弾性塗料にも言え、ピュアアクリル塗料は他の塗料に比べて早い段階で汚れが目立ってきます。

また、弾性塗料のため膨れ(浮き)が発生しやすいのもデメリットの一つです。

*デメリット2「価格が高い」

高い耐久性を持つ塗料のため、決して安価ではありません。

ただし、塗料の性能を引き出してくれるのは職人です。

高いから、安いからという理由ではなく、塗料の性質や扱い方などに長けた業者選びが重要になります。

□最後に

外壁塗装は失敗してもすぐにやり直しの利くものではありません。

お住まいをこれからどうしていきたいかを十分に考え、塗料も業者も選ぶようにしましょう。

福岡市・太宰府市・筑紫野市・大野城市にお住まいの方で、外壁塗装・屋根塗装・防水工事をご検討の方は、信頼と実績のある弊社ハウジングコートに一度ご相談下さい。
お電話・メールどちらでも構いません、懇切丁寧に対応させて頂きます!(見積もり無料)

Pocket