Pocket

外壁塗装で失敗したくない!プロの生の声をご紹介!

外壁塗装で失敗しないためにもさまざまな下調べをして業者探し、塗装に挑む方も多いはず。

特に「押し売りの訪問販売には気をつけろ!」「すぐに契約を迫るのは悪徳業者!」と言った文言は至る所で一度は目にしたのではないでしょうか。

もちろんこれらのことにも気を付けるべきなのですが、今回は実際のプロの声をいくつかご紹介したいと思います。

□現場調査がいい加減

短時間で現場調査を終わらせてしまったり、寸法も測らず大体の感覚で塗面積を出している業者には気を付けるべきです。

窓の幅などはおおよそ決まった数値があるので測らなくてもわかる部分はありますが、塗面積や外壁がどのくらい劣化しているのか、ひびがいくつあるかなどは最低でも30分はじっくり見て回らないと分かりません。

お客様から以前来られた業者さんのお話を聞くこともありますが、いい加減な方が多い印象を受けました。

塗装で失敗しないためには細かい点までしっかり対応してくれる業者さんに頼むといいでしょう。

□職人歴が長いだけではダメ

塗料も日々進化をしています。それに対して職人も常に勉強をしないと置いていかれます。数年前の塗料の知識は今では通用しないこともあるんです。

「20年の経験があるのでお任せください!」と言われても施工不良が起こらないとも限らないのです。

もちろんプライドを持って職人をしているので施工不良を起こそうと思って起こしているわけではないのですが、自身の知識不足で施工不良を起こしてしまってはいくら悪気が無くても知らなかったでは済まされません。

職人なら技術があって当たり前なんです。技術と共に知識もあること。

特殊塗料が増えた近年だからこそ職人が塗料の質に伴っている必要があります。

□素直に謝罪ができる業者を

過去に屋根と外壁の塗装をさせていただいたお宅で起きた事なのですが、お客様に「屋根の材料が違いませんか?」と言われたのです。

しかしお見積り通りの塗料で発注しているため、お客様にも「間違いはありませんよ」とお答えしました。

お客様の話では、塗料缶のラベルが違っていたようでした。

こちらも間違いなくお見積りの塗料を発注していましたが、念のために塗料屋に確認してみたところ、なんと塗料屋が納品ミスをしていたのです。

すでに工事も終わっていてお客様にも塗料は間違いないとお答えしてしまっていたのでどうしよう、という気持ちでいっぱいでしたがその日のうちにお客様の下へ謝りに行きました。

するとお客様は「素直に謝っていただけて、お宅の誠意が伝わりましたので大丈夫です。正直な業者さんに頼んでよかった。」と言っていただけました。

こちらのミスでお客様には多大なご迷惑をお掛けしたにも関わらずこのようなお言葉をいただけるとは思ってもいませんでした。

その後はミスが無いよう、納品した塗料の確認は怠らないように徹底しております。

□最後に

信頼ができる業者を探すことは簡単ではありません。

今では大手メーカーや工務店、リフォーム会社など外壁塗装が専門ではない業者の参入も相次ぎ、外壁塗装を取り扱う業者が増加しています。

その中から優良業者を見つけないといけないわけですから、いかに大変なのかと言うことがわかりますよね。

ですので、今回ご紹介したプロの本物の声も参考に、外壁塗装を検討している方々は塗装業者を探してみてくださいね。

福岡市・太宰府市・筑紫野市・大野城市にお住まいの方で、外壁塗装・屋根塗装・防水工事をご検討の方は、信頼と実績のある弊社ハウジングコートに一度ご相談下さい。
お電話・メールどちらでも構いません、懇切丁寧に対応させて頂きます!(見積もり無料)

Pocket