Pocket

下塗りはこんなに重要なんです!

「外壁塗装は下塗りで大きく違いが出ます!」

こんな文言を聞いたことはありませんか?

「最終的に一番上から塗る塗料が大事なんじゃないの?」

「ちょっと大げさ過ぎるんじゃないの?」

と思って下塗りを疎かにすると、将来的に後悔してしまうかも知れません。

そんな事態を回避すべく今回は下塗りが持つ役割やその重要性についてご説明いたします。

□下塗りの役割

下塗りは中塗りや上塗りとは違った成分の塗料を使っています。また、塗装においては基本となる工程になるためその重要性は明白です。

では下塗りはどのような役割を持っているのでしょうか。

*外壁と上塗り材の密着度を高める

塗装を行おうとしている外壁は少なからず劣化しているものです。このように劣化した外壁に中塗り材や上塗り材だけをいきなり塗装したらどうなるでしょうか。塗料がうまく密着せずに早期劣化を起こすことが想定できるかと思います。これをカバーし、外壁と上塗り材の密着度を高めるための工程が下塗りになります。

*塗料が染み込むのを防ぐ

下塗りをしないで中塗り・上塗りをすると、外壁材を直接塗装することになります。すると、塗料の気泡、その他の要因により外壁材を逆に傷める可能性があります。また、表面をきれいに塗装しても、塗料が外壁材に染み込むため、時間が経過すると塗りムラが発生し、美観に優れた外壁塗装にはなりません。そうならないためにも、外壁には最初に下塗り塗料を塗っておく必要があります。

□下塗り材の種類

下塗り材は外壁の状態や材質、上塗り材との相性に合わせてシーラー・フィラー・プライマーなどの材料を使い分けます。これらの違いをご説明いたします。

*シーラー

シーラーは外壁材に中塗り・上塗り塗料を密着させる接着剤としての機能を持っています。また、外壁材への中塗り・上塗り塗料の染み込みを防ぐ抗浸透機能も持っています。

特に外壁にシミやひび割れがない場合はシーラーを使用します。

ただしシーラーには水性と油性があり、水性のシーラーはコンクリート壁、モルタル壁、石膏ボード壁などの限られた外壁にしか使用できないので注意が必要です。

*プライマー

基本的にはシーラーと同じ役割を持っています。プライマーは外壁が鉄、ステンレス、アルミなど金属系サイディングボードやパネルの場合に使用します。

ただしプライマーにはサビを除去する機能はありませんので、塗装前にはサンドペーパーや研磨布でサビを落としておく必要があります。

*フィラー

外壁にシミやひび割れ、凹凸などがある場合に外壁の表面を平らにする下塗り材です。それ以外の基本的な機能はシーラーと変わりません。

□最後に

下塗りは塗装を長持ちさせるためにも欠かせない工程です。

実際に塗装を行う際にはしっかりと下塗りが行われているかを確認するようにしましょう。

福岡市・太宰府市・筑紫野市・大野城市にお住まいの方で、外壁塗装・屋根塗装・防水工事をご検討の方は、信頼と実績のある弊社ハウジングコートに一度ご相談下さい。
お電話・メールどちらでも構いません、懇切丁寧に対応させて頂きます!(見積もり無料)

Pocket