Pocket

外壁を白色で塗装してお洒落に!

外壁塗装では色選びもまた、迷いの種ですよね。
せっかくの外壁塗装ですので思い切って今までの色とは違う色にしたいとお考えの方も多いのではないでしょうか。

色選びの基準は人それぞれ違います。
今回は白色の外壁がもたらす効果をまとめましたので是非色選びの参考にしてみてください。

「白色」が持つ遮熱効果で快適な生活

色の濃淡によってどれだけ日光を反射してくれるかを示す「日光反射率」というものがあります。
色の濃い色ほどこの日光反射率は低く、「黒」が一番低くなります。

黒色での外壁塗装をすると光の熱が室内に入りやすいので、室温の上昇が大きくなってしまいます。

逆に「白」は日射反射率が90%以上と一番高く、ほとんどの日光を反射してくれます。
白から離れるほど日光反射率は下がりますので、遮熱効果を求める場合は白に近い色を選択して外壁塗装をすると良いでしょう。

*遮熱効果により室温上昇を抑えることができる

遮熱効果とはその名の通り、建物内に侵入しようとする熱を反射する効果です。
白、または白に近い色で外壁塗装をすると太陽光が持つ熱を反射してくれる働きがありますので、室温の上昇を抑えることができるのです。

特に、日差しの強い夏は色の違いで室温の上昇の仕方が異なります。
白色で外壁塗装をすることでエアコンの負担も下がり、電気代の削減やエコな暮らしが出来るというメリットがあるのです。

白色の外壁塗装はデザイン性も良い

白色の外壁塗装は近年人気を集めています。
海外だと地中海沿岸の住宅のようなおしゃれな外観は、やはりデザイン性を求める人からすれば当然選択肢の一つとなることでしょう。

白色の外壁塗装の外観について詳しくみていきます。

*清潔感のあるおしゃれな外壁を楽しめる

やはり白色の外壁塗装には清潔感があり、周りからの印象も良くなります。
外壁塗装をした後の住宅はもちろん見栄えも雰囲気も良くなるものですが、やはり「白色」の外壁塗装には特別に良いものです。

今までは日本の住宅で白は使われることは少なく、淡い色だとしてもクリーム系が良く使われていました。
欧米ではよく白は使われていて、特に地中海沿岸の住宅の白い外壁は周りの景色とのコントラストが非常に美しいものです。

白色の外壁塗装を施して洋風テイストなデザイン性の高いお家を楽しんでみるのもおすすめです。

*外壁が白だと汚れが心配…

「白い外壁塗装は汚れが心配」という声も良く挙げられます。
実際に白い外壁はみなさんの想像通り、汚れが目立ちやすい色です。

「汚れが目立ちやすい」というのは白色の外壁塗装においきまして、一番の天敵になります。
ちなみに、白は「汚れやすい」わけではなく、「汚れが目立ちやすい」のです。
色に関係なく、どれしもが汚れますし、放置すると劣化症状を招きます。

この汚れの目立ちやすさにも実は対策をすることで、長い間きれいな白の外壁を楽しむことが出来ますので、紹介していきます。

*汚れ対策には塗料選びが肝心!

塗料を選ぶ際に汚れに強いものを選ぶと白色でも汚れに強くなりますので、汚れが目立ちにくくなります。
具体的な汚れ対策につながる塗料の選び方を紹介していきます。

機能性塗料を使って外壁塗装をする

塗料の中には汚れを落としやすくする機能を持った塗料があります。
低汚染塗料や光触媒塗料、防カビ防藻塗料などの低汚染性の塗料を選択することで、白い色外壁塗装をしても美しさが長続きします。

グレードの低い塗料は避ける

また、グレードの低い塗料だと塗膜の劣化が早いため、汚れが目立ち始める時期が早くなりやすいです。
最低でもシリコン塗料以上のものを選択しましょう。

*汚れが付きにくい構造にする

建物の構造により汚れがつきやすい場合があります。
外壁の一部で雨水の通り道になってしまうと、水垢汚れが発生してしまいます。

サッシ下の水切りがうまく機能していなかったり、水切りの劣化により雨水が直接流れるようになると水垢の原因となります。
メンテナンスを定期的に行うことと、補修やリフォームで水が直接流れないようにすると汚れにくい構造にできます。

□白色の外壁塗装のメリット・デメリットまとめ

白色の外壁塗装にはメリットとデメリットがそれぞれあります。
色選びは考えれば考えるほど簡単なものではありませんので、白色の外壁塗装での特徴をここで押さえておきましょう。

*他の色よりも遮熱効果が高い:白色の外壁塗装のメリット

他の色よりも日光反射率が高いので、太陽光の持っている熱を反射してくれます。
夏場は特に過ごしやすくかつ、エネルギー効率の高い住宅にできます。

*おしゃれな外壁になる:白色の外壁塗装のメリット

清潔感があり、洋風な仕上がりになります。
他の色からの外壁塗装で白色にした場合は、気分転換にもなります。
近年人気のデザインですので、気になる方は一度考えてみると良いでしょう。

*汚れが目立ちやすい:白色の外壁塗装のデメリット

白色の外壁塗装の最大のデメリットが汚れが目立ちやすいということです。
せっかくの美しい外観にしたのに、汚れが目立つようなら避けたいところです。
塗料選びで低汚染性の塗料を選ぶことと、雨水の通り道になっている箇所を構造上から変えることで対策になります。

□最後に

いかがでしたでしょうか。

その美しい仕上がりから、白色の外壁は近年特に人気があります。
今回は白色の外壁塗装のポイントについて紹介してきました。
これから白色での外壁塗装をお考えの方にとって参考になれば幸いです。

せっかくのおしゃれな白い外壁ですが、長持ちしなければそもそも外壁塗装をした意味がなくなってしまいます。
外壁塗装で白色を選ぶ際はしっかりと対策をして、デザイン性の高さと遮熱効果を併せ持った住宅を目指しましょう。

福岡市・太宰府市・筑紫野市・大野城市にお住まいの方で、外壁塗装・屋根塗装・防水工事をご検討の方は、信頼と実績のある弊社ハウジングコートに一度ご相談下さい。
お電話・メールどちらでも構いません、懇切丁寧に対応させて頂きます!(見積もり無料)

Pocket