Pocket

外壁にコーキングが必要なワケ外壁にコーキングが必要なワケ

コーキングとは、外壁のひび割れを補修したりサイディングの目地を埋めたりするゴム状の素材です。シーリングとも呼ばれ、外壁工事では欠かせない素材となっています。

ここでは、外壁工事でコーキングが必要な理由や、補修時期の見分けかたを紹介します。コーキングの補修を甘く見ていると雨漏りを引き起こします。手抜き工事を防止するためにもコーキングに関する知識を蓄えておきましょう。

外壁にコーキングが必要な理由を知ろう

外壁でコーキングが必要な理由は「下地の劣化を早めないため」と「雨漏りなどを防ぐため」です。特にサイディングの外壁工事では目地に隙間が生まれてしまいます。放置すれば雨水が内部に侵入してしまうでしょう。

目地などをコーキングで埋めないと、隙間は劣化しやすくなります。劣化は隙間から他の部位に広がり、外壁の寿命を短くしてしまうでしょう。コーキングは主にサイディングボードの目地や、窓のサッシ周辺、換気口周辺といった隙間を埋めるために利用します。他にも、モルタル外壁の小さなひび割れを補修するためにも使われています。

外壁のコーキングを補修する時期の見分けかたを解説

コーキングの補修時期の目安は5年〜10年です。ただし、年数を基準とするよりも劣化状況に応じて補修を行ったほうが無駄なく工事ができるでしょう。劣化状況には以下のような例があります。

1.外壁のコーキングがひび割れている

外壁の隙間を埋めているコーキングは劣化するとひび割れを起こします。表面だけの浅いひび割れのほか、指が入るほどの大きな亀裂が生まれることもあります。コーキングに亀裂が生まれている場合、雨水が内部に侵入するおそれがあります。

また、コーキング内部から侵食が進むため、劣化が早まります。コーキングのひび割れを見つけたら補修の目安と考えましょう。

2.外壁とコーキングのあいだに隙間ができている

コーキングは外壁と密着することで効果を発揮します。しかし、劣化が進むとコーキングは外壁から剥がれやすくなります。全体的にはまだ密着していたとしても、部分的に隙間ができている場合は要注意です。隙間ができている部位から雨水が侵入するでしょう。

コーキングに隙間ができている場合、まだ剥がれていない他の部位も剥がれやすくなっています。放置すればボロボロと剥がれてくるため補修が必要です。

3.コーキングの割れ目から下地が見えている

コーキングのひび割れが悪化すると大きな亀裂が生まれ、外壁の下地が見えてしまう危険性があります。厳密にいえば、見えるのは下地ではなくコーキングの補助材ですが、隙間を保護する役割が失われていることに変わりはありません。劣化してコーキングの割れ目から別の素材が見えた場合は寿命を超えています。すぐに補修を行ってください。

4.コーキングが完全に剥がれ落ちている

コーキング全体が細長い固形物として外壁から剥がれ落ちている場合は危険な状態です。すぐに補修を行わなければ雨漏りの危険性を高めてしまいます。

コーキングが剥がれ落ちるほど劣化が進んでいる場合、他の外壁部分もボロボロになっている可能性が高いです。劣化が激しい場合は、コーキングの補修だけではなくサイディングの張り替えや外壁塗装を必要とします。

5.コーキング部が黒くにじんでいる「ブリード現象」

外壁の劣化というよりも業者の施工不良で起こる症状が「ブリード現象」です。コーキングで補修した部位に外壁塗装をした後に黒くにじむ症状です。ブリード現象は見栄えが悪くなるものの、致命的な問題は引き起こしません。補修がすぐに必要というわけではありませんが、外壁の見栄えを気にする場合は対処するとよいでしょう。

ブリード現象は、コーキングの成分が塗装を変色させるために起こります。「ノンブリードタイプ」というコーキング素材を使えば変色させずに塗装が可能です。

□最後に

サイディング外壁の全体的なコーキング補修でかかる費用の目安は30〜50万円程度です。モルタル外壁の場合はひび割れの補修といった小規模な工事になることが多く、10万円程度の費用で収まる可能性があります。

福岡市・太宰府市・筑紫野市・大野城市にお住まいの方で、外壁塗装・屋根塗装・防水工事をご検討の方は、信頼と実績のある弊社ハウジングコートに一度ご相談下さい。
お電話・メールどちらでも構いません、懇切丁寧に対応させて頂きます!(見積もり無料)

Pocket