Pocket

それぞれの塗料を簡単におさらい!

技術開発に伴って、塗料にも続々と高性能の製品が登場し、価格も性能も多彩であることから「どれを選んでいいのか分からない」という方も多いのではないでしょうか。

そこで、現在使われている主な塗料をピックアップいたしました。

それぞれの特徴を押さえながらご紹介いたします。

□4種類の塗料

*アクリル塗装

低価格で重ね塗りができるため、短いサイクルで様々な色に塗り替えることが可能です。ただし、耐久年数が5~6年と短く、クラックが生じやすいこともあり、塗装後もこまめなメンテナンスが必要です。その他、すぐに色褪せをしたり汚れやすかったり、耐久性にかけるなどデメリットは多いですが、耐久性は求めずとにかく価格重視で家のイメージを気軽に何度も変えたいと考えている方にはおすすめの塗料です。

*ウレタン塗料

アクリル塗装より防水性と耐久性に優れ、価格屋根異能を考えるとバランスの良い塗料と言えるでしょう。塗膜が柔らかく仕上がるため、あらゆる素地に多用されますが、耐久年数は7~10年と短めです。仕様としてはつやのある仕上がりになり、塗り替えた直後は、ピカピカでアクリル塗料より光沢が持続します。しかしながら耐久性や防汚性、紫外線への強さにおいては他の塗料より劣りますが、価格を抑え、5~7年サイクルで別の色に塗り替えたい方や、現在の家に10年以上住む予定がない方、細部のみあるいは一部分のみ塗りたいと言う方にはおすすめの塗料です。

*シリコン塗料

品質に対する価格の手ごろさが大きな魅力で、機能性や価格から言えばコストパフォーマンスもよく、住宅にかかるトータルのライフサイクルコストを大きく削減できるため人気も高くなっている塗料です。耐久年数は約10年で仕様としてはつやのある仕上がりになり、塗膜に光沢があり比較的長く光沢が続きます。メーカーによっては水性や油性、1液型や2液型など多種多様なので性能の違いを判断しづらいメリットがあります。耐久性とコストのバランスを重視したい方や、超k的な目線でコストを落としたい方などにはおすすめの塗料です。

*フッ素塗料

ガラス製塗料の寿命は非常に長く、耐候性も他の塗料に比べると抜群です。航空宇宙産業機器に使用されるほどの耐熱性・耐寒性に加え、低摩擦性や不燃性など数多くの機能を持つ一方、非常に高価格のため、一般住宅にはまだ広く普及はしていません。耐久年数は約15~20年と圧倒的に長く、光沢感があり、防汚性も高いため、塗装後の美しさが長続きします。デメリットはなんと言ってもその価格です。定期的に塗り替えをしなくてもよいよう、価格が高くても長期間美しさをキープしたい方におすすめの塗料です。

□最後に

外壁塗装は住宅のメンテナンスや美観維持のために行われるものですから、どちらに重きを置くかによって選ぶ塗料も変わってくるでしょう。

福岡市・太宰府市・筑紫野市・大野城市にお住まいの方で、外壁塗装・屋根塗装・防水工事をご検討の方は、信頼と実績のある弊社ハウジングコートに一度ご相談下さい。
お電話・メールどちらでも構いません、懇切丁寧に対応させて頂きます!(見積もり無料)

Pocket