Pocket

外壁のメンテナンス時期をおさらいしましょう!

外壁には様々な素材のものがあり、それによって性質も異なっています。

ご自身のお住まいに使用されている素材の性質を知ることは、塗装リフォームが成功する第一歩になります。

今回は数ある外壁の素材を簡単におさらいしてみましょう。

□各外壁材の性質

ここでは7種類の外壁材についてご説明いたします。

*金属系サイディングボード

スチールやアルミニウムなどの合金銅板のこと。デザイン性・耐久性に優れた表面材と断熱性・防火性に優れた裏打材によって形成され、軽くて耐久性に優れている。美観維持、防カビのために10~15年で再塗装が必要になります。塗膜を傷めてしまった場合にはすぐに処置が必要です。

塗装の目安:10~15年

*窯業系サイディングボード

セメント質と繊維質を主な原料として板状に形成した素材のこと。タイル目。レンガ調などのデザインが豊富で近年よく使用されている。基材は吸収性があり、防水機能は塗膜に頼ってるため、塗膜の劣化を放置すると建物の構造に大きなダメージを与えることもあります。

塗装の目安:7~8年

*モルタル

セメントと石灰や砂を混ぜて水で練った素材のこと。施工が容易でコストが安いため、新築時の最もポピュラーな吹き付け仕上げ材として使用されていた。強度が強く、耐火性に優れるが、防水機能が低くなると急激に劣化が進み、ひび割れが発生するので注意が必要です。

塗装の目安:10~15

*ALC

コンクリートを軽量気泡化した外壁材のこと。耐熱性・耐火性・耐久性に優れ、マンションなどに多く見られる。塗装が劣化したままだと防水性が乏しいため、内部からボロボロになります。手遅れになると、下地補修からの復旧が必要となるので早めの塗装が重要です。

塗装の目安:10~15年

*コンクリート壁

水とセメント、砂利を混ぜたコンクリートは、最も強度のある外壁材。しかし、経年劣化で防水効果が劣化するとコンクリートの内部に水が染み込み、専門的な補修が必要となるケースがありますので注意です。

塗装の目安:10~15年

*トタン張り

外壁に使用されているトタンは、「プリント」と言われる木目調の塗装をされたものが多く、築30年以上の建物に多く使用されています。金属素材のため、防水性が抜群で耐久性にも優れているのが特徴。現在は外壁に使用されることはほとんどありません。

塗装の目安:7~8年

*羽目板

木材は乾燥収縮などが起こり、割れが生じる可能性があるため、厚みのある材料を使用することが大切。板の重ね部分が不十分だと繋ぎ目から雨水が入り込むこともあり、外壁の変化を注視しながら、しっかりとしたメンテナンスが必要になります。

塗装の目安*10~15年

□最後に

どの素材でも言えることですが、劣化を少しでも感じた時には自己判断だけに頼らず必ずプロに点検してもらうようにしましょう。

福岡市・太宰府市・筑紫野市・大野城市にお住まいの方で、外壁塗装・屋根塗装・防水工事をご検討の方は、信頼と実績のある弊社ハウジングコートに一度ご相談下さい。
お電話・メールどちらでも構いません、懇切丁寧に対応させて頂きます!(見積もり無料)

Pocket