Pocket

ローラー塗装と吹き付け塗装を比較!

ハウジングコートでは基本ローラーで手塗りの塗装をしています。

ですが、場合や部位によっては吹き付けでの塗装も行っています。

ハウジングコートに限らず、ほとんどの塗装店で手塗りで塗装しますと言っているのではないでしょうか。

しかし吹き付けでの塗装方法もあるのが事実です。

では一体ローラーでの塗装と吹き付けでの塗装は何が違っているのでしょうか。

□ローラー塗装とは

毛やスポンジ状のローラーに塗料を含ませて、塗っていく方法です。吹き付け塗装とは違い、塗料の飛散がしにくいため、近隣との距離が近い現在の住宅事情とマッチしたので、普及したとも言われています。ローラー塗りと刷毛塗りは吹き付け塗装とは違い、道具を使って直接、塗っていくため、手塗りとも呼ばれています。ローラー塗りは面積が広い外壁や屋根を塗る場合でも比較的、スピーディに塗装できることも特徴です。

そんなローラー塗装のメリットやデメリットは以下の通りです。

*メリット

・風などの影響で塗料が飛散することが少ないので、塗料を無駄にすることが少ない
・ローラーなどの道具が扱いやすく塗りやすい
・他の塗装方法に較べると厚く塗りやすい

*デメリット

・塗装する場所や部材によってさまざまなローラーが必要
・吹き付け塗装よりも作業時間が多くなる
・塗りやすいといってもある程度の技術は必要

□吹き付け塗装とは

機械によって空気の力を利用したり、塗料を直接加圧して、粒子状にして塗る部分に吹き付ける方法です。現在のようにローラー塗りが主流になる一昔前は吹き付け塗装が一般的でした。最大のメリットは外壁にさまざまな模様がつけられることと、その作業スピードです。ローラー塗りの数倍早く塗装できると言われており、今でも大規模な建物の塗り替えでは吹き付け塗装が選ばれることもあります。

吹き付け塗装のメリットやデメリットは以下の通りです。

*メリット

・外壁にさまざまな模様がつけられる
・作業スピードが圧倒的に早い

*デメリット

・塗料を粒子にして飛ばすため飛び散りやすく、それだけ無駄も多くなる。20%程度の無駄が出るとも言われている
・風に流されやすく天候によって作業できる日が限られる
・建物が密集している地域では使いずらい。養生の手間もそれだけ多くなる
・塗装時に機械の騒音が問題となることもある

□どちらで塗装するといいの?

施工手順をしっかりと守って塗装するならば、ローラーによる塗装でも、吹き付けによる塗装でも差はほぼありません。

それよりも、塗料の希釈率を守る、乾燥時間を厳守するなどの施工に関しての品質が高い業者選びに注力すべきなのです。

また、ローラー塗装ではサイディングの凹凸を利用した2色デザイン塗りができますし、吹き付け塗装であればリシンやスタッコを吹き付けて模様のある外壁に仕上げることもできます。

デザインにこだわりがある場合はこれらを考慮してもいいでしょう。

□最後に

質に差はなくても手塗りで真心こめて塗装していますので、人の気持ちを重視できるのも手塗りのいいところですよ。

福岡市・太宰府市・筑紫野市・大野城市にお住まいの方で、外壁塗装・屋根塗装・防水工事をご検討の方は、信頼と実績のある弊社ハウジングコートに一度ご相談下さい。
お電話・メールどちらでも構いません、懇切丁寧に対応させて頂きます!(見積もり無料)

Pocket