Pocket

 

一度ご自身のお住まいの外壁面積を確認しましょう!

外壁塗装をする際に重要な数字になるのが外壁の面積です。

ご自身のお住まいの建坪は知っていても外壁の面積まで知っているという方は少ないのではないでしょうか。

外壁の面積を知らなくても特別困ることはありませんが、知っておくと見積もりを依頼した時に役に立つ場面が出てきます。

今回はそんな外壁の面積についてお話いたします。

□外壁の面積を大まかにでも計算してみよう

外壁の面積を求める方法はいくつかありますが、最も簡単で業者も使っている計算式で求めてみるとよいでしょう。

坪数がわかる場合は以下の計算式でおおよその外壁の面積を求めることができます。

外壁面積=坪数×3.3×1.2

坪数を「㎡」の単位に直します。
そして係数の「1.2」をかけるのですが、入り隅が多いなど外壁の面積が大きくなるデザインをしている場合はこの係数を大きくしましょう。
かなり大きくなるデザインであれば「1.7」で計算することもあります。ご自身のお住まいを一度確認して係数を調整してください。

□外壁の面積を知っていて役に立つ場面とは?

業者であれば実寸を計測し面積を算出しますが、このとき本来の面積よりも多めに算出する業者がいます。

これが一般的に悪徳業者と呼ばれるものです。

入り隅やデザイン性が高いお住まいだと同じ建坪でも外壁の面積はそのぶん大きくなってしまいます。悪徳業者はここを狙って面積を多めに出したり、面積が大きいのではないかと指摘すると入り隅が多いためだなどと言って言い逃れをすることもあります。

外壁の面積を多く計算してくる業者に注意するためにも、契約前に見積もりをしっかりと確認することが大切です。
外壁塗装業者からの見積もりには通常、塗装面積が記載されています。
消費者からお金を騙し取ろうとしてくる業者はこの見積もりの塗装面積を多く計算してきます。

外壁塗装の金額は塗装面積と単価を掛け合わせたものですので、この塗装面積が実際より大きくなると当然負担額が大きくなります。
騙されないためには、外壁塗装業者がいうことを鵜呑みにはせず、自分でも一度お住まいの外壁面積を確認しておくとよいでしょう。

□最後に

見積もりを依頼すれば業者に任せっきりになる方もいるのではないでしょうか。

業者の任せっきりにする前にご自身でも一度外壁の面積を確認しておくことで、正しい見積もりを提示してくれる優良業者と出会えることでしょう。

福岡市・太宰府市・筑紫野市・大野城市にお住まいの方で、外壁塗装・屋根塗装・防水工事をご検討の方は、信頼と実績のある弊社ハウジングコートに一度ご相談下さい。
お電話・メールどちらでも構いません、懇切丁寧に対応させて頂きます!(見積もり無料)

Pocket