Pocket

雨漏りはどうして起こるの?原因と対策についてご説明いたします!

「先日の大雨で雨漏りしてしまって…」「台風の後から雨漏れをしだすようになった…」そんなお悩みを抱えているかたは多いのではないでしょうか。

いつのまにか白かったはずの天井に黒い染みが…なんて事は起きて欲しくはないものです。

では一体どうして雨漏りは起きてしまうのでしょうか。その原因と対策についてご説明いたします。

□雨漏り発生!!どこから?

雨は上から降ってくるものなので、屋根に原因があるのでは?とまず始めに考えますよね。

もちろん屋根の破損や隙間などを通して室内へと雨水が浸入しているケースはあります。しかし雨漏りのルートはなにも屋根からだけではないんです。

雨漏りのルートは様々ですが、実は外壁からも雨漏りが発生するのはご存知ですか?

モルタルの家であればひび割れの隙間から、サイディングの家であればボードの継ぎ目であるコーキングの劣化による隙間から、それぞれ雨水が浸入してしまうのです。

また、そもそも屋根や外壁には塗装がされており、その塗料には防水の効果があります。その上、屋根や外壁の下にはルーフィングと呼ばれる防水シートがあるため、少しのひび割れや隙間であれば雨漏りが発生することはないのです。

つまり塗料とルーフィングによる防水を突破して室内に雨水が浸入しているため、雨漏りが発生してしまうと既に住宅の寿命に関わる一大事に陥っている可能性さえあるのです。

□雨漏りの対策やもし発生してしまった場合は?

雨漏りは屋根や外壁のひびやコーキングの隙間から侵入するため、定期的なメンテナンスを行い補修をしておくことが重要です。

定期的なメンテナンスを怠ることがなければ基本的に雨漏りの心配はありませんが、定期的なメンテナンスを怠ったがために雨漏りが発生してしまった場合はどうすればよいのでしょうか。

まずは業者へ依頼する事になりますが、雨漏りの発生は非常に深刻な事態です。ですので業者への依頼と同時に自身でも雨漏りの症状をチェックしておきましょう。どこで、どんなふうに、どんな日に雨漏りが発生するか?を確認して業者へ詳しく伝えることでスムーズに調査が終わり早急な対応に繋がるでしょう。

□最後に

今回は雨漏りについてご説明いたしました。

雨水は内部を伝って室内へ侵入するため、建物の内部のこともしっかり考えなくてはなりません。ですので日ごろのメンテナンスをはしっかり行っておきたいですね。

福岡市・太宰府市・筑紫野市・大野城市にお住まいの方で、外壁塗装・屋根塗装・防水工事をご検討の方は、信頼と実績のある弊社ハウジングコートに一度ご相談下さい。
お電話・メールどちらでも構いません、懇切丁寧に対応させて頂きます!(見積もり無料)

Pocket