Pocket


暖かい時期とは異なり、冬場の外壁塗装は業者さんも少し苦労するのでは?と、思う方も多いでしょう。
それは、何も業者さんだけではありません。
みなさんの生活等にも少なからず影響があるのです。
今回は、冬場ならではの塗装の豆知識についてご紹介しましょう!

夏場はエアコン、冬場は…?

よく夏場の外壁塗装では、塗装作業中はエアコンが使用できなくなる話を聞きますよね。
特に福岡の場合は、例年暑くなりやすいですから、必須の家電になるでしょう。
このことは、冬場でも同様です。

冬場の場合は、暖房器具を使いますよね。
養生の際に配慮してくれることもありますが、使えない時間帯が出てしまうこともあり得るでしょう。
寒がりの人にとって、暖房が使えないのは致命的です。

そのため、作業中でも利用できる電気カーペットやストーブ等を、事前に用意しておくことが肝心でしょう。
夏場の生活環境に注目されがちですが、冬場も使えない家電が当然出てきます。
日常生活に支障が出ないよう、このような家電は必須と考えてよいでしょう。

寒すぎると凍る塗料があるの?

もう一つの豆知識は、塗料についてです。
塗料には様々な種類がありますが、これら全て冬場でも問題なく使えると思っていませんか?
それは、間違いです!

余りに寒すぎると、凍ってしまう塗料があることもあるのです。
その塗料の代表格が、水性塗料!
なぜ、凍ってしまうのかというと、水性塗料の成分には水が含まれていますよね。
一般的に水は、寒くなると凍ってしまいます。

それと同じ現象が、塗料にも起こりえますから、冬場には不向きな塗料になるでしょう。
そのため、水性塗料を塗装で使っているという人は、冬場に塗装をしても問題ないのかどうかを相談して下さい。
気温的に問題がなければ大丈夫ですが、マイナス5度以下のように、塗装作業ができない気温ならば、性能や仕上がりに影響が出ますから避けましょう。

塗料によって、不向きの時期があることは、素人の私たちは知りませんよね。
塗料でも寒すぎると凍ってしまうことは、表面の説明書きに記載されていますから、興味のある人は見てみて下さい。

これらの情報は、一般的な作業シーズンでは聞きなれない内容ですよね。
もし、冬場でも作業が可能な地域にお住まいの人は、作業を依頼するにあたって知っておくと役立つでしょう。

まとめ

冬場の外壁塗装に関わる豆知識、いかがでしたか?
今回ご紹介した情報は、暖かいシーズンではあまり触れられませんから、新発見ですよね。
福岡市・太宰府市・筑紫野市・大野城市にお住まいの方で、外壁塗装・屋根塗装・防水工事をご検討の方は、信頼と実績のある弊社ハウジングコートに一度ご相談下さい。
お電話・メールどちらでも構いません、懇切丁寧に対応させて頂きます!(見積もり無料)

Pocket