Pocket

「外壁塗装にはどんな種類があるの?」
「自分の希望通りの外壁塗装にしたい!」
外壁塗装を検討している方の中には、塗装の種類について気になっている方もいらっしゃるかと思います。
そこで今回は、外壁塗装の種類についてご紹介します。
外壁塗装には価格・耐用年数・色・特殊機能などの要素があります。
そのため、希望に沿って細かく決められます。
希望通りにするためにも、どんな種類があるかしっかりと知っておきましょう。

 

□外壁塗装に使う塗料

外壁塗装を決めるのは塗料と言っても過言ではありません。
そのため、塗料について詳しく知ることが重要です。
塗料はさまざまな項目で種類が分かれています。
今回は3つの項目で分けます。

*グレード

塗料には主に4つのグレードがあります。
耐用年数が短い順に、アクリル・ウレタン・シリコン・フッ素の4つです。
耐用年数が長いほど価格は高くなります。
そのため、耐用年数が長く、価格が高すぎないシリコンが1番人気です。
外壁塗装と屋根塗装を同時にすることで、費用を安くできます。
工事回数が少ない分、足場組立費や人件費を節約できるからです。
そのためには、塗料の耐用年数を屋根の耐用年数と合わせなければなりません。
それぞれの状況に合わせてグレードを選びましょう。

*弾性

柔らかさに関して、硬質塗料・微弾性塗料・弾性塗料の3種類に分けられます。
一般的な塗料は硬質塗料であり、弾性塗料は特殊な場合に使われることが多いです。
伸びがあるため、ひび割れを補修する時やひび割れの入りやすいモルタル壁によく使われます。
そのため、防水機能があり、防水機能を求めて弾性塗料にする方もいらっしゃいます。

*色

色に関してはエナメル塗料とクリアー塗料の2種類に分けられます。
エナメル塗料は色があり、錆を防いだり、太陽光を反射して熱を遮ったりする機能があります。
一方で、クリアー塗料は無色透明で、顔料による機能は期待できません。
しかし、顔料によるデメリットがありません。
顔料によるデメリットとは、エナメル塗料は反射しやすく、それがトラブルを起こしたり、もともとの壁の色をそのまま出せなくなったりする可能性があることです。
他にも塗料には多くの種類があります。
自分が希望する内容を業者さんに伝えて、塗料を選んでもらいましょう。

 

□まとめ

以上、外壁塗装の種類についてご紹介しました。
外壁塗装を検討している方は、今回知った内容を活かしてみてください。
当社では、福岡県にて外壁塗装を行っております。
福岡県在住の方で外壁塗装を検討している方は、一度当社までご連絡ください。

Pocket