Pocket

「外壁塗装って必要なの?」
「外壁塗装をしないとどんなことが起こるの?」
外壁塗装をする必要性が分からないという方は多いのではないでしょうか。
そこで今回は、外壁塗装の必要性についてご紹介します。
外から見て劣化していないように見えれば、必要性を感じられないと思います。
しかし外壁塗装の役割は重要なため、しっかりと今回の内容を読んでみてください。

 

□外壁塗装をしないで放置するとどうなるか

外壁塗装は雨風、太陽の紫外線によって劣化していきます。
そして、防水性能が低下していき、住宅へのダメージが大きくなります。
劣化を放置するとどうなるのでしょうか。
まず劣化していくと防水性が低くなり、つやが失われていきます。
そして次第に水や湿気が入り込み、乾くと壁にひび割れが発生します。
また、表面にチョークのような粉が現れるチョーキング現象が起こります。
この段階ではまだ損傷が大きく目立つことはありません。
しかし、このまま放置しておくと劣化部分が大きくなり、目立つようになります。
外壁に損傷が目に見えたり、チョーキング現象が起こったりしたら業者に確認してもらいましょう。

 

□防水に関する劣化

損傷が目に見えなくても防水性が低くなって、住宅が危険になる場合があります。
そこで、防水性の低下によって起きる影響をご紹介します。
防水性が低下すると、外壁内部の木材が腐り、鉄が錆びます。
コンクリート部分にまで水が浸入すると、コンクリート自体が水を吸収し、強度が下がります。
そのため、建物自体の強度が下がってしまうのです。
この状態で放置しておくと、断熱材に水が浸入し、雨漏りが発生し始めます。
また防水性が低下し、断熱性が低下することで光熱費が高くなります。

 

□費用

少しだけ劣化していて、外壁部分以外に被害がない場合は普通の外壁塗装と同じ費用になるでしょう。
では、劣化を放置し続けた場合はどのくらいの費用になるのでしょうか。
程度にもよりますが、追加で内部の断熱材や、湿気を含んだ木材を補修する必要があるため費用は高くなります。
被害が深刻な場合は建物を解体する必要が出てくる場合もあります。
そうなると、何倍もの費用がかかります。
一時的に外壁塗装をせずに節約しようとしても、長期的に出費が大きくなれば元も子もありません。
長期的に考えて、定期的に外壁塗装をしてもらいましょう。

 

□まとめ

以上、外壁塗装の必要性についてご紹介しました。
外壁塗装をお考えの方は、今回の内容を参考にしてみてください。
当社では、福岡県にて外壁塗装を行っております。
福岡県在住の方で外壁塗装を検討している方は、一度当社までご連絡ください。

Pocket