Pocket


みなさん、「ラジカル塗料」という塗料を聞いたことがありますか?
ここ数年で登場し始めたのですが、素人だと聞きなれないものですよね。
数ある塗料の中、何か特筆すべき効果などがあるのでしょうか?
今回は、比較的新しい、ラジカル塗料の特徴についてご説明したいと思います。

そもそも「ラジカル」はどんな意味なのか?

これまでご紹介した塗料には、例えばアクリルやウレタンというように、成分に関わるような名称が付けられていますよね。
ラジカル塗料の場合は、どのような意味をもって名付けられたのでしょうか?
実は、塗料に含まれている成分が名称の由来になってはいません。

「ラジカル」とは、塗料を塗装した後に見られる劣化に繋がる可能性のある要素のことを示しています。
例えば、劣化が起こり得るきっかけには、紫外線の影響だったり、雨水等の水分が付着したりということが挙げられますよね。
その結果、塗料の効果が低下したり、見た目にも影響が出てしまったりすると言えるでしょう。

このような劣化のきっかけとなる要素を、できる限り抑えようとする役割を持っている塗料を、ラジカル塗料と言うのです。
現在ある他の塗料との違いは、ある意味で明確にされていることが、最新の塗料と言われている理由にもなるでしょう。
それは、使用している樹皮で分類がされるのでなく、光安定剤と高耐候酸化チタンとよばれる成分でできているところにあります。

そのため、細かな分類上は、主流な塗料と比べると成分から違ってくるということが分かりますよね。
樹皮で区別されないというのは、大きなポイントになるでしょう。

塗料自体の実際の効果はどうなの?

ここでは、実際に使用して見た時の特徴をご説明したいと思います。
ラジカル塗料は、塗料にツヤが有りますので汚れを弾く効果があり、チョーキングしにくいという特徴を持っています。
つまり、汚れや耐候性に優れているということができますよね。

さらに、実際の効果と価格を比較した時に、コストパフォーマンスの良い塗料として紹介されることが多いでしょう。
費用面と実用性を兼ね備えた塗料であることが、伺えると思います。
その一方で、まだ主流の塗料と比較すると、使用される場面が少ないですので、実際の効果の度合いが未知数であることがデメリットになるでしょう。
気になる人は、もう少し情報が広まってから、塗装の判断をした方が良いかもしれません。

まとめ

今回は、近年普及するようになったラジカル塗料について、ご説明しました。
現在主流となっている塗料とは違い、分類は塗料に含まれている樹脂で判断されるものではありません。
福岡市・太宰府市・筑紫野市・大野城市にお住まいの方で、外壁塗装・屋根塗装・防水工事をご検討の方は、信頼と実績のある弊社ハウジングコートに一度ご相談下さい。
お電話・メールどちらでも構いません、懇切丁寧に対応させて頂きます!(見積もり無料)

Pocket