Pocket

「外壁塗装をDIYでしたいけど、外壁の補修のしかたが分からない…。」
このようにお悩みの方はいらっしゃいませんか。
今回はそのような方のために、外壁塗装のDIYでの補修方法を福岡の業者が解説します。

□外壁塗装のDIYでの補修方法

*剥がれ塗膜の除去

まずは剥がれた塗膜を研磨紙で削り落とします。
塗膜をしっかり削り落としておかないと、塗装したときに塗料と外壁の密着が弱くなります。
そのため、剥がれ塗膜を徹底的に落としましょう。

*汚れを洗い落とす

外壁についた汚れも塗料と外壁の密着が弱まる原因となります。
そのため、高圧洗浄機を使って汚れをしっかり洗い落としましょう。

*下地の補修

塗装が必要なときには外壁にひび割れが生じている可能性があります。
外壁にひびが入っている状態で塗装すると、ひびから水分が入ります。
それにより、家の防水機能が低下し、雨漏りの原因になるかもしれません。
そのため、外壁にひびが入っている場合、コーキング処理で外壁を補修する必要があります。

*養生

汚れを洗い、外壁の補修が終わったら、塗装しない部分や塗料が付いてはいけない部分をマスキングテープで保護します。
養生はしっかりしておかないと、塗装面以外の部分に気を遣うことになるので、集中して塗装できなくなり、色ムラが生じる原因になります。

*下塗り

塗装面と塗料の密着度を高めるために、下塗り剤で下塗りをします。
下塗りでは、ローラーで全体を塗り、刷毛で細かい部分を塗りましょう。

*塗装

下塗りが乾いたら、実際に塗ります。
一度塗ったら一旦乾かし、上からもう一度塗ります。
二度塗りすることで塗膜に厚みをもたせ、ひび割れや色ムラを防げます。

□外壁塗装のDIYの注意点

上で見たように、外壁塗装は塗装だけではなく、準備の段階でするべきことがたくさんあります。
これらは非常に面倒な作業ですが、これらの作業を綿密に行わないと、失敗に終わるかもしれません。
しかし、素人がDIYで塗装すると、準備段階の作業をしっかり行っていたとしても、業者に依頼するよりも完成度が低くなります。
そのため、外壁塗装をDIYでするのではなく、多少の費用をかけてでも業者に依頼して塗装してもらうようにしましょう。

□まとめ

今回は、外壁塗装をDIYで行う補修方法について解説しました。
外壁塗装をDIYでする場合、塗装前の準備段階でするべきことがたくさんあります。
DIYですると、これらの補修作業をぬかりなくしていても完成度が低くなりがちです。
そのため、外壁塗装はDIYでするのではなく、私たち業者に依頼することをおすすめします。

Pocket