Pocket

「外壁塗装をDIYでやりたいけど、どのような手順でやったらいいのか分からない。」
このようにお悩みの方はいらっしゃいませんか。
今回は、そのような方のために、外壁塗装をDIYで行う際の手順を福岡の業者が説明します。

□外壁塗装の手順

*足場を組み立てる

まずは集中して塗装ができるよう、安定した足場を組み立てます。
はしごや脚立を使ってもできますが、不安定なので、ムラができる原因となります。
費用はかかりますが、しっかりした足場の上で塗装をするようにしましょう。
また、足場を一人で組み立てるのは危険です。
必ず二人以上で作業するようにしましょう。

*高圧洗浄機を使って外壁の汚れを徹底的に洗い落とす

外壁が汚れたままで塗装しても、塗料と塗装面の密着が弱くなり、早期の剥がれの原因になります。
そのため、塗装に入る前に、外壁についている汚れを高圧洗浄機で徹底的に洗い落としましょう。

*下地のひび割れを補修する

塗装を考える時期には下地にひびが入っていることが多いです。
そのため、塗装をする前にコーキングを使って下地の補修をしておきましょう。

*養生する

養生テープを使って塗装面以外を保護します。
この作業は手を抜きがちですが、しっかりと養生しておかないと、塗装中に塗料が窓やサッシについてしまう恐れがあります。
塗料がついてしまうとなかなか剥がせません。
また、近隣の住宅に塗料が飛ばないよう、足場の外側をシートで囲っておきましょう。

*下塗りする

外壁に色を塗る前に、まずは下塗り剤を用いて下塗りを行います。
下塗りを行うことで、塗料と塗装面が接着しやすくなります。

*中塗りする

下塗りが乾燥したら、今度は外壁を塗料で塗っていきます。

*上塗りする

中塗りが乾燥したら、もう一度同じ塗料を塗り重ねます。
塗料を二回塗るのは、塗膜に厚みを持たせるためです。
塗膜を厚くすることで、ひび割れが起きにくくなり、またムラをなくせます。

*後片付けをする

以上の全工程が終わったら、最後に足場と養生を解体して終了です。
組み立てと同様、一人で行うのは危険なので、必ず誰かに手伝ってもらいましょう。

□外壁塗装をDIYで行う際のポイント

DIYで塗装する際に注意すべきポイントは以下の二点です。

*一つ一つの作業を抜かりなく行う

手順を守って初めて失敗しない外壁塗装ができます。
面倒な作業が多いですが、一つ一つの作業を入念に行うようにしましょう。

*塗装を最低限の期間で仕上げる

塗装をできるだけ早く仕上げないと、ムラができてしまいます。
また、下塗りとの密着が弱くなり、塗装が剥がれやすくなります。

以上の二点を素人が両立するのは非常に難しく、期間をかけて塗装したとしても、仕上がりが微妙になりがちです。
そのため、ムラのない仕上がりにしたいという方は、業者に依頼するのがよいでしょう。

□まとめ

今回は、外壁塗装をDIYで行う際の手順について説明しました。
外壁塗装には面倒な作業が多く、これらの作業を省略せずに行わないと、ムラや早期剥がれの原因となってしまいます。
しかし、素人の場合、期間をかけて塗装しても、完成度の低い仕上がりになりがちです。
そのため、外壁塗装は業者に依頼することをおすすめします。
福岡での外壁塗装なら当社にお任せください。
私たちが責任を持って塗装いたします。

Pocket