Pocket


防水工事ではよく、ウレタン塗料を使用することが多いのですが、これがどのような塗料なのかご存知ない方も多いでしょう。
どのような場面で使用される塗料なのかが分かれば、私たちも納得した上で選ぶ事ができますよね。
これを機会に、ウレタン塗料の特徴や効果について学んでみませんか?

ウレタン塗料の特徴

ウレタン塗料は、柔軟性の高い樹脂であるウレタン系樹脂が含まれている塗料になります。
よく、防水工事では柔軟性の他に、塗料をより密着させる役割に注目して使用されていることが多いでしょう。
性能的には、工事の目的に合っていると言えますよね。

最近では、性能が高くてリーズナブルな塗料が多く販売されていますが、その中でも使用頻度の多い塗料になります。
使用されやすいということは、使いやすさだけでなく、費用面を考えてもお得であると言えますよね。
また、塗料にツヤがあるかどうかによって得られる効果も変わってきますので、用途別に使い分けがしやすいもの一つの特徴と言えます。

加えて、塗料自体は臭いが控えめであることから、他の塗料と比べると健康に優しい塗料と言えるでしょう。
塗料の臭いが苦手だという人は、使用する塗料の候補としてご検討ください。

実際に使ってみるとこんな効果が!

塗料の特徴は分かりましたが、大切なのは後の使用感ですよね。
ウレタン塗料は使用するとひび割れしにくく、明るく綺麗なツヤが出やすいという特徴があります。
そのため、外観を明るくしたいと思っている人には、ピッタリの塗料と言えるでしょう。
また、塗料自体が伸びやすくて塗りやすいので、DIYでも扱いやすい塗料としてよく紹介されています。

その一方で、塗料には紫外線に弱い、ツヤの劣化が早めであるという側面も持っています。
ですから、紫外線を浴びやすい場所に塗ってしまうと、劣化が通常よりも早く進んでしまうので、そのような場所では塗装を避けた方が良いでしょう。

このように、紫外線に弱いという事情から、塗装した場所によっては、劣化の状態が違ってくる場合もあります。
つまり、場所によっては、メンテナンスの時期にばらつきが出てしまうことも考えられますので注意しましょう。
どちらかというとウレタン塗料は、幅広い場所に広く塗装するよりも、範囲の狭い場所に塗装をするという場面が多い傾向にあります。

まとめ

今回は、ウレタン塗料の特徴についてご紹介しました。
こちらは、DIYでもよく紹介される使いやすい塗料ですが、一方で紫外線に弱いということも知っておきましょう。
福岡市・太宰府市・筑紫野市・大野城市にお住まいの方で、外壁塗装・屋根塗装・防水工事をご検討の方は、信頼と実績のある弊社ハウジングコートに一度ご相談下さい。
お電話・メールどちらでも構いません、懇切丁寧に対応させて頂きます!(見積もり無料)

Pocket