Pocket


実は、”塗装を施した方がいい部品”というのが業界の中ではあり、その一つに、窓枠に付属しているアルミサッシが挙げられます。
ここまで塗装している人は少ないでしょうから、した方がいいのかどうか迷ってしまいますよね。
今回は、アルミサッシを塗装するメリットについて、お話ししましょう。

アルミサッシはそのままでも問題はないが…

みなさんの中に、窓枠部分を塗装する人はあまりいないかもしれません。
というのも、塗装の話が今まで出なかったのには理由があるのです。
それは、アルミサッシの特性に関わる問題です。

従来は、塗装をしても剥げてしまうことが多く、定期的な塗り替えをするということは一般的ではありませんでした。
窓枠に色がついているように見えるのは、塗料の影響というよりは、事前に加工された物であると言って良いでしょう。

しかし近年では塗料の研究も進み「塗料は必要ない」という考え方が変わってきました。
塗り替えができるようになると、その時の住宅の雰囲気に合わせ、窓枠であるアルミサッシも色をカスタマイズすることができますよね。
そのため、住宅のイメージチェンジが、よりしやすくなったと言えるでしょう。
アルミサッシに塗装をしても問題はなくなったのです。

劣化していると見分けるポイントや塗装のメリットは?

外壁の場合は、劣化しているサインがよく紹介されていますし、本コラム内でも取り上げていますよね。
アルミサッシの場合は、どこで判断すると良いのでしょうか?

アルミサッシの劣化は、白い斑点が付いているかどうかで判断します。
この白い斑点が、実は錆なのです。
一般的な錆と色合いや出方が違っていますので、意外だと思う人もいるでしょう。
これは、今以上に錆が広がることを防ぐためにできているものですので、必ずしも悪いものだとは言い切れないのかもしれません。

しかし見た目や耐久性の問題もありますから、気になるという人もいるでしょう。
実はこのような斑点も、塗装をすることによって防ぐことができます。
なぜなら、斑点ができる原因は水分によるものだからです。
水分は、塗料を塗るとその効果で弾き、錆びにくくしてくれますので、何もしないよりは塗った方が長く使えますよね。

そして、窓枠を全部交換するよりも、塗料の塗り替えをした方が費用的にもお得です。
費用の面で悩んでいる人は、交換よりも塗装をお勧めしたいと思います。
今ある部品を綺麗に使っていきたいと考える人は、是非、検討してみて下さい。

まとめ

今回は、アルミサッシの塗装についてご説明しました。
サッシは、そのままの状態よりも塗装をしておくと、錆の発生を少なくすることができますし、見た目も綺麗に維持できます。
福岡市・太宰府市・筑紫野市・大野城市にお住まいの方で、外壁塗装・屋根塗装・防水工事をご検討の方は、信頼と実績のある弊社ハウジングコートに一度ご相談下さい。
お電話・メールどちらでも構いません、懇切丁寧に対応させて頂きます!(見積もり無料)

Pocket