Pocket


白という色は何でも、合わせやすいイメージですよね。
外壁についてもご多聞に漏れず、どのような色にでも合わせやすいお色味となっています。
しかし、そんな馴染みやすい白色も、外壁で使用するにはコツがいるのです。
今回は、外壁塗装で白色を使用する場合に知っておくべきことをご紹介しましょう。

白色のバリエーションは、住宅全体の雰囲気に対応するため豊富

みなさんは、白色と聞くとどのような色合いを思い浮かべますか?
ほとんどの人は、絵の具やクレヨンの白色を考えるかもしれません。
しかし、住宅の世界では、白色にバリエーションがあるのを知っているでしょうか?

例えば、化粧品の世界では、ピンクと言っても青系や黄色系の色合いがあり、細やかな種類がありますよね。
それと同じく、白色の塗料にも細かい分類がされているのです。
寒色系の青っぽい白色があれば、暖色系の赤っぽい白色もありますので、住まい全体の雰囲気によって、選択する白色が変わってきますよね。

一例として、シンプルなイメージにしたい場合は寒色系の白色、カントリー系のイメージの場合は暖色系の白色を選ぶと良いでしょう。
また、色の組み合わせによっては、好みのイメージに近づけることができます。

このように、他の色に比べると白色はとても奥が深いのです。
色合いがたくさんあって、選ぶのが難しいと感じる人もいるかもしれませんね。

汚れが目立つというイメージは塗料で解決!

一方で、白色はどのような物においても、汚れが目立ちやすいというイメージを持たれがちです。
確かに、他の色と比較すると、白色はどうしても汚れが目立ってしまいますよね。
しかし、このようなマイナスなイメージは、塗料選びで解消することができます!

白色をチョイスする時は、汚れを落ちやすくする防汚染塗料や光触媒塗料を選ぶようにしましょう。
これらの塗料は、水や太陽光の力で、汚れを落としてくれるという便利な機能を持っています。
そのため、みなさんが手間暇かけて、丁寧に外壁の掃除をする回数が少なくなりますので、掃除が楽になりますよね。
白色以外でも、汚れが気になるという人は、これらの塗料に変えてみると良いでしょう。

このように、塗料のチョイス1つで、白色も使いやすい色に変化しますので、外壁のカラーチェンジを考えている人は、是非検討してみて下さい!

まとめ

今回は、外壁塗装で白色を使用する場合に知っておくべきことを2点ご紹介しました。
1つ目は、白色と言っても細かい分類があることです。
2つ目は、白色を選ぶ場合は、汚れが落ちやすい塗料を使うことです。
その他、具体的な費用や工事日数など、詳細を知りたい方は、是非、信頼と実績のある弊社ハウジングコートに一度ご相談下さい。
お電話・メールどちらでも構いません、懇切丁寧に対応させて頂きます!(見積もり無料)

Pocket