Pocket


細やかなメンテナンスは、外壁を長持ちさせることに繋がりますよね。
しかし、セルフメンテナンスでは、外壁の汚れが落ちない等で苦労した人もいるでしょう。
みなさんは、汚れが落ちやすく掃除がしやすい塗料があるのをご存知でしょうか?
今回は、セルフメンテナンスがしやすい低汚染塗料について、ご紹介しましょう。

塗料の汚れが落ちやすい機能に着目しよう!

塗料には、様々な効果がありますが、汚れにくいという機能をもっているものがあります。
特に、外観を常に綺麗に保ちたいと考えている人には、塗料の選択肢の1つになるかもしれません。
その塗料を、低汚染塗料といいます。

低汚染塗料は、雨水等の水で汚れを落としやすい特性を持っており、特に油性の汚れに高い効果を発揮します。
油性の汚れには、例えば、排ガスが挙げられるでしょう。
私たちが外壁の掃除をするだけではなく、雨が降った時にも綺麗にしてくれますので、セルフメンテナンスの手間が少なくなり助かりますよね。

低汚染塗料には、シリコン系やフッ素系を始めとして、多くの種類がありますので、外壁の状態によって種類を選択することができます。
汚れだけではなく、みなさんの外壁特有の悩みにも対応できるとより嬉しいですよね。

特に、汚れが付きやすい環境の外壁や、外観の印象を良くしたい店舗用の外壁には、オススメの塗料になるでしょう。

雨筋汚れで悩んでいる人にもオススメできる塗料

みなさんの中に、雨の通り道のような、筋の汚れが外壁にあるという人はいませんか?
これは、雨が流れている部分に汚れが溜まってしまうことでできてしまう、雨筋汚れと呼ばれるものです。
一部分に汚れがまとまってしまい、線上になり目立ってしまいますので、外観的にはあまり良くありませんよね。

低汚染塗料は、雨筋汚れを防ぐことができますので、次のメンテナンスの時には塗料の使用を検討してみて下さい。

一方で、この塗料は雨が降ったり、水に濡れたりすることで効果を発揮しますので、そもそも雨が当たりにくいような場所に塗ってしまうと、本来の力を発揮できません。
私たちは塗料を塗る前に、雨の日の外壁の状態を確認してから、使用するかどうかを判断した方が良いでしょう。
雨の日は、憂鬱なイメージが多いですが、マイナス要素を外壁にとってプラスにできると良いですよね。

まとめ

今回は、セルフメンテナンスがしやすい低汚染塗料についてご紹介しました。
小まめに外壁の掃除をしなくても雨の日に汚れを落としてくれ、雨筋汚れの悩みも一緒に解消してくれる低汚染塗料は、優れものですよね。
その他、具体的な費用や工事日数など、詳細を知りたい方は、是非、信頼と実績のある弊社ハウジングコートに一度ご相談下さい。
お電話・メールどちらでも構いません、懇切丁寧に対応させて頂きます!(見積もり無料)

Pocket