Pocket

「そろそろ家の築年数が経ってきたけれど、屋根のリフォームっていつするのが良いのだろうか」
このようにお悩みの方はいませんか?
普段はなかなか見えない屋根は、知らず知らずのうちに劣化しているものです。
しかし、屋根のリフォームをする機会はあまり多くないため、いつすれば良いのかわからない方は多くいます。
そこで今回は、屋根の劣化の原因や、屋根の劣化をリフォームすべき時期についてお話しします。

□屋根が劣化してしまう原因

屋根はどうして劣化してしまうのでしょうか。
屋根の劣化の大きな原因は、風雨や紫外線です。
日ごろから雨風や太陽の光に晒されているため、影響を受けやすくなっています。
また、自然災害も屋根に大きな影響を及ぼします。
台風や暴風雨があると、屋根の瓦が剥がれてしまったり、割れてしまったりすることが多々あります。
とはいえこのような原因を取り除くことは難しいですよね。
だからこそ、定期的に屋根のリフォームをすることが必要なのです。

□おすすめの屋根をリフォームする時期

リフォームするべき時期を見極めるには、「耐用年数」「劣化のサイン」の2つのポイントが大切です。

*耐用年数について

ご自宅の屋根にはどのような素材が使われていますか?
屋根によって安全に使える耐用年数は異なります。
一般的によく使われる屋根の素材は、スレート屋根、板金屋根、銅板屋根の3つです。
この3つの耐用年数は前から順に10年、10年、30年ほどであることが多いです。
この耐用年数が経つ前にリフォームをするのがおすすめです。

*劣化のサイン

屋根を見てわかる劣化のサインも見過ごさないようにしましょう。
劣化のサインとは、具体的には
・苔やカビの発生
・ひび割れている
・錆びついている
などが挙げられます。
さらに注意したいのが、雨漏りです。
雨漏りをしている場合、屋根に問題があることが多くあります。
屋根が劣化したことによって隙間ができたり、屋根周辺の木が腐ってしまったりすると雨漏りが生じます。
このような状況が見てとれる際は、リフォームを考えてみてください。
ご自身で屋根を無理に確認するのは危険があるため、業者に点検を依頼することをおすすめします。

□まとめ

今回は、屋根のリフォームをするべき時期について、屋根の劣化の原因から詳しくお話ししました。
福岡で屋根のリフォームを検討されている方はいませんか?
当社では、プロの職人による屋根のリフォームを福岡でも承っております。
是非お気軽にご相談ください。

Pocket