Pocket

「台風によって住宅が受ける影響について知りたい」
「台風のときに、あらかじめ行える対策を知りたい」
と、台風のときの住宅の影響について、お悩みの方もいらっしゃるのではないでしょうか?
今回は、福岡県福岡市の方に向けて、台風による住宅の影響と事前対策についてご紹介します。

□台風によって住宅の受ける影響

*屋根材の吹き飛び

建物の経年劣化や、夏冬の温度差によって、屋根材は傷み、外れやすくなります。
外れやすくなったところに台風が来て、屋根材が吹き飛んでしまうケースもあります。

*雨漏り

建物内部に雨水が浸入しないための防水施工を「雨仕舞」と言います。
台風によって、雨仕舞に穴が空いたり、雨仕舞いが凹んだりすることにより、雨漏りに至ります。

*外壁の欠損・破壊・吹き飛び

外壁材や構造材が台風の強風により、破損する場合があります。

*強風により飛んできたものによる被害

強風で飛んできたものが住宅に当たり、破損する場合があります。

□セルフのチェックポイント

台風による被害を事前に防ぐために、セルフチェックを行いましょう。

・外壁にひびが入っているか
・コーキングの劣化具合
・サッシや雨戸周辺の劣化具合
・電線及び配管の取り合い部分の劣化具合
・バルコニーの取り付け部分の劣化具合

以上がセルフでチェックできるポイントです。

□台風の事前対策

*屋根

ひび割れ、屋根のずれや割れなどに注意をし、普段から十分なメンテナンスを心がけましょう。

*ベランダ

ベランダに置いてある植木鉢や物干し竿、アンテナなどの強風で飛ばされそうなものは、家の中に移すなど対策を取りましょう。

*窓

風が強くなる前にガタツキや歪みなどを確認しましょう。
台風が来る際には、雨戸やシャッターを閉めるなどの対策を取りましょう。

*外壁

外壁のひび割れをおろそかにしていると、浸水の原因になるため、事前に確認しましょう。

*危険物

外に置いてある危険物や飛来しそうなものには注意が必要です。
可能であれば、室内に入れるなどの対策を行いましょう。

□まとめ

今回は、台風による住宅の影響と事前対策についてご紹介しました。
当社は、福岡県太宰府市・筑紫野市・小郡市の外壁塗装、屋根の塗り替え工事、建築塗装を行っています。
経験しなければ解らないたくさんの成功と失敗から学んだその技術と知恵を最大限に発揮し、どんな材料でもその特徴を120%引き出すノウハウで、幸せをお届けします。
ご興味を持たれた方は、ぜひお気軽にお問い合わせください。

Pocket