Pocket

住宅の間取りや外観には、流行がありますよね。
ファッションにも流行りがあるように、住宅や外壁にもその時々のトレンドがあるのです。
本記事は、外壁の見た目を今風にしたいと考えている人必見です。
今回は、サイディングと呼ばれる外壁の特徴についてご紹介しましょう。

どのような外壁なの?~サイディングとは何かを知ろう!~

みなさんは、数ある外壁のデザインの中で、板状やレンガ調の壁を見かけたことはありませんか?
一般的に、外壁は塗料を塗って完成させるイメージがありますよね。
これらのデザインは、サイディングと呼ばれる外装材を利用して、外壁に張り付けているものになります。

イメージとしては、壁紙を張り付けるという形で構いません。
ノルウェーの木造建築を参考にしており、外壁に使用すると見た目がシックになりますので、落ち着いた印象がありますよね。
外観の印象に加えて、塗料を塗るよりも、費用を抑えることができますので、費用面でもお得な外装材だと言えるでしょう。

少し前まで多用されていたのはモルタルでしたが、モルタルのデメリットをカバーすることができるため、サイディングが普及するようになったのです。
外壁も、技術の進歩によって利用する素材が変わってきていることが分かりますね。
他の住宅とは違った雰囲気にしたい、お洒落な外観にしたいという希望がある人には、特にオススメします!

デザイン以外にサイディングの性能はどうなの?

外観の印象が良いことは分かりましたが、実際の性能はどうなのでしょうか?

性能の部分では、耐水性があり、天候等への耐久性が高いという特徴があります。
そのため、塗料と同様の効果を得ることが可能な上、費用も安くなるという一石二鳥の部分があるでしょう。

さらに、基本的に張る作業になりますので、塗料を塗るよりも施工にかかる時間が少なくなるというメリットもあるのです。
職人さんたちの作業の負担も、前より軽くなっているかもしれませんね。

一方で、コーキングをした場合の劣化が他の方法と比べると目立ちやすかったり、熱を吸収しやすかったりする特徴を持っています。
従って、何かしらの補修をした後に使用する場合は、補修跡を完璧に隠し切れないことがあるかもしれません。
小さい跡ならばあまり気にならないかもしれませんが、大きい場合は避けた方が良いかもしれませんね。

まとめ

今回は、サイディングと呼ばれる外壁の特徴についてご紹介しました。
外壁の素材の1種であり、使用すると西洋風の外観の住宅にすることができるため、お洒落な雰囲気にしたいと考える人にはオススメできる素材です。
その他、具体的な費用や工事日数など、詳細を知りたい方は、是非、信頼と実績のある弊社ハウジングコートに一度ご相談下さい。
お電話・メールどちらでも構いません、懇切丁寧に対応させて頂きます!(見積もり無料)

Pocket