Pocket

みなさんは、外壁の工事をしている時の住宅を見たことはありませんか?
必ず壁の周りに作業するための足場が設けられていて、工事をしていることが見て分かりますよね。
ではなぜ足場を設けているのか、その理由についてはご存知ですか?
今回は、塗装の工事をする際になぜ足場を作るのかについて、ご説明したいと思います。

足場の重要性とは?~作業する側の視点から~

工事の時になぜ足場が必要なのか、その理由はとても簡単です。
みなさんが、工事をする職人さんの立場になって、考えてみて下さい。
これは、塗装の作業を安全に行い、かつ、効率よく作業を進めていくために設置されているのです。

塗装は低い場所だけではなく、当然ですが、屋根や屋根に近い部分にも行いますよね。
高い場所での作業をする時に、足場がないとスムーズに作業ができるでしょうか?
場所によって塗りムラが出てしまったり、安全に作業しようとすると時間がかかったりしてしまうでしょう。

また、塗装をするとどうしても塗料が飛んでしまうことがあり、発展して近所トラブルに繋がってしまう可能性があります。
故意ではなくとも、不要なトラブルの種は失くしたいですよね。
それを防ぐために、足場と同時に飛散防止シートを設置していていますので、塗装をするにあたって足場はとても重要であると言えるでしょう。

実は足場はこんなところでも重要

足場は職人さん、みなさんの双方にとって重要ですが、設置するからには費用がかかります。
作業の様子を見たことがある人は分かると思いますが、足場を設置するだけでも大変な作業になりますよね。

費用の相場として、10~15万円くらいがかかりますが、安全性を考えると、必要経費だと思った方が良いかもしれません。
すべての工程でかかる費用から考えると、実はそこまで高額ではないのです。
例外として、風災で塗装の工事を依頼する場合は、足場の費用も火災保険の対象になる可能性がありますので、確認しておきましょう。

また、足場を設けない工事も中にはありますが、費用面での上手い話で工事の契約を勧めようとしてくる業者は注意すべきです。
どのような工事でも、足場に対して少額でも費用は必要になりますので、全くゼロという訳ではありません。

足場のことに不透明な場合は、悪質な業者の可能性もありますので、依頼する前にきちんと確認しておきましょう。

まとめ

今回は、塗装の工事をする際になぜ足場を作るのかについてご説明しました。
足場は、職人さんが安全に、効率よく作業をするためは重要な物であり、私たちにとっても設置するメリットがあります。
その他、具体的な費用や工事日数など、詳細を知りたい方は、是非、信頼と実績のある弊社ハウジングコートに一度ご相談下さい。
お電話・メールどちらでも構いません、懇切丁寧に対応させて頂きます!(見積もり無料)

Pocket