Pocket

「そろそろ家も築10年になるし、外壁リフォームをしようかな」
このように思っている方も多いかと思います。
でも、せっかくリフォームするなら、家の外観をおしゃれにしたいですよね?
そこで今回は、おしゃれな外壁リフォームのための塗料選びについてご紹介させていただきます。

□おしゃれに色を組み合わせてみよう

外壁リフォームでおしゃれにしたい場合、単色で塗るのではなく複数の色を用いることで、高級感を出すことができます。
また、複数の色の組み合わせで、印象がガラッと変わるのも複数色を用いる良さの一つでもあります。

□組み合わせるときの注意

しかし、やみくもに複数色を用いればいいという問題ではありません。
例えば、虹のように、とてもカラフルに塗装してしまうと、まとまりがなくうるさい印象を与えてしまいます。
では、どのように色を組み合わせれば良いのでしょうか?

*同系色を用いる

同系色は色相関上で隣り合っている色、つまり似た色を使いましょう。
同系色を用いることで、外壁全体でまとまった印象を与えることができます。
もちろん、まったく逆の色でコントラストを演出、なんてこともできますが、初心者の場合は同系色を選ぶことで失敗を防げます。

*使っていいのは最高で3色まで

先ほど、虹の例でご説明させていただいたように、あまりに雑多に色を使いすぎてもまとまりません。
使っていい色は、塗り分ける為の2色が基本です。
もし、2色だとまとまらない場合は、その2色の間にセパレートカラーといって、それぞれの色を際立たせるための色を使って、合計3色までにしましょう。

□さらに高級感アップの2色塗り工法とは?

今までご説明させていただいた複数色を使った色分けとは別に、高級感を更に出すための2色塗り工法という工法も存在します。
2色塗り工法とは、外壁の目地の部分と、それ以外の部分を塗り分けることで、まるで新品のような高級感を演出する塗り方です。
築10年かそれ以上経っている場合、クリヤー塗装といって、工作でいうニス塗りのようなコーティングのみの塗装ができないのです。
その場合に2色塗り工法を使えば、新品同様の仕上がりを実現することが可能になるのです。

□まとめ

今回はおしゃれな外壁リフォームのための塗料選びについてご説明させていただきましたが、いかがだったでしょうか?
外壁リフォームにはたくさんの種類があり、ご自宅の状態によってもリフォーム方法が変わります。
もし、不安な方がいらっしゃれば専門の業者に相談してみるのもいいと思います。
皆さんもぜひこの記事を参考にして、家の外観を最高におしゃれなものにしてみてください。

Pocket