Pocket

「家も築10年以上経つし、そろそろ外壁の塗り替えをした方がいいのかな」
このように疑問に思っている方も多いかと思います。
しかし、外壁塗装っていつ塗り替えていいのか、なかなか判断が難しいと思います。
そこで今回は外壁塗装の塗り替えのタイミングの目安についてご紹介させていただきます。

□そもそもなぜ外壁塗装を行わないといけないのか

外壁の塗り替えについてご説明する前に、そもそも外壁塗装がなぜ必要なのかについてお話しします。
外壁塗装は家の外観を整える、美しく見せるためだけのものではありません。
外壁塗装は外壁自体を保護する目的もあります。
外壁の塗り替えを行わなかった場合、塗装が古くなった部分から、外壁は雨や太陽光にさらされ、劣化してしまいます。
具体的には、カビが生えたり、ヒビが入り構造的にもろくなったりするということです。
これは放置すると建物の耐震性の低下や雨漏り、悪臭の原因になります。

□外壁を塗り替える目安

さて、外壁を塗り替える必要性の次は具体的な塗り替えのサインについて見ていきましょう。

*外壁塗装の劣化段階

外壁塗装の劣化には段階があります。
早期からの塗り替えがいいのは言うまでもありませんが、費用の面でなかなか、そんなに頻繁にできないでしょう。
そこで、一度生じたら塗り替えを考えた方がいいサインについてご説明します。

*チョーキング

チョーキングとは外壁表面に粉がふくことです。
みなさんも一度外壁を手で触ってみましょう。
手に粉のようなものがつくと、その外壁はチョーキング現象をおこしています。

*ヒビ、クラック

外壁をよく見ると細かい筋のようなものが目に付くことがあります。
これは外壁塗装にヒビが入っているサインです。
クラックともいわれます。
これを放置すると、そのヒビから雨水が浸透し、外壁の建材を傷めてしまいます。
この段階まで来ている場合はなるべく早く、外壁の塗り替えを行いましょう。

*外壁塗装の劣化は環境によって変化する。

外壁塗装の劣化は環境に大きく左右されます。
「うちの塗料は高耐久で15年はもつ」とお考えの方がいれば、要注意かもしれません。
日光のあたり方、温度差、降水量でも塗料の耐久性は変化します。

□まとめ

今回は外壁の塗り替えの目安についてご説明させていただきましたが、いかがだったでしょうか?
外壁なんて、存在が当たり前すぎて、なかなか気にする機会がないと思います。
皆さんもぜひこの記事を参考にして、ご自宅の外壁を今一度、チェックしてみてください。

Pocket