Pocket


「外壁の塗り直しを考えているけれど、どの塗料を塗ってもらうのがおすすめなのだろう?」
「屋根や外壁の塗装が劣化してきたから、良い塗料を塗り直してもらいたい。」
このようにお考えの方はいらっしゃいませんか?
そこで今回は、住宅の塗装を塗りなす際におすすめする塗料をご紹介していきます。

 

□おすすめ塗料

住宅の外観に大きく関わる屋根や外壁の塗装は、年月の流れとともに劣化が進んでいき、やがて塗り替えを考えなければならないときがやってきます。
しかしながら、いざ塗り替えを依頼するとなっても塗料についてあまり知らないために塗装してもらう塗料選びに困ってしまう人は少なくありません。
それでは、おすすめの塗料を見ていきましょう。

*シリコン

様々な種類の塗料がある中で、現在最も普及している塗料です。
というのも、シリコン塗料は価格と耐久性のバランスがとても良いからです。
また、防汚性と高い親水性を兼ね備えているため汚れが付きにくく落としやすいということで掃除の手間も軽減します。
「迷ったらシリコンを選べば間違いない」とも言われており、強い人気と高い評価を誇っていますよ。

 

*フッ素

フッ素塗料はシリコン塗料に比べて耐久性が高く、また防汚性にも富んでいる塗料です。
さらに、近年問題視されている酸性雨にも強いという特徴を持つ優れものになります。
塗り替えが容易にできない高層ビルや大型施設に使用されており、東京スカイツリーに使われていることで有名です。
耐用年数は15〜20年と他の塗料と比べても長く、短期間での塗り替えは嫌という方におすすめできます。

 

*無機

無機物は劣化しない物質で、これを塗料に混ぜることで非常に高い耐久性を実現させた塗料です。
紫外線や雨風といった外部環境にさらされることで外壁の劣化は進行していきます。
しかし劣化に強いこの塗料は耐用年数が20年以上とも言われており、塗り替えの頻度を減らしたい人におすすめです。

 

*クリヤー

外壁材であるサイディングのデザインを残したい方におすすめの塗料がクリヤー塗料になります。
通常の塗料には色を付けるために顔料が含まれていますが、この塗料にはそれが含まれておらず、透明な塗膜で表面を保護できるのです。
また、顔料の劣化が原因で発生するチョーキング現象が起こらないのも魅力のひとつと言えます。

 

□まとめ

今回は住宅の外壁や屋根を塗り直す際におすすめする塗料をご紹介しました。
塗料と言っても様々な種類が存在し、価格や特徴もそれぞれ異なります。
また、住宅の外壁や屋根が置かれている環境も考慮して塗料を選ぶ必要もあります。
この記事を参考にした上で、専門業者に相談して決めてくださいね。

Pocket