Pocket

打ちっぱなしの塀の巣穴や欠損部などが気になるということで、カチオンフィラーで全面しごいていきます。

フィラーを塗布する前にサンダーケレンで磨いていきます。

サンダーケレン後、カチオンフィラーを全体にコテでしごいていきます。

長持ちさせるために、下地処理は徹底して行います。

カチオンフィラーのしごきが終わったら次の工程は研磨作業になります。

次回につづく・・・

 

Pocket