Pocket

塗料メーカーの保証がないのはなぜ?

塗装工事を行った際に塗装業者が一定期間の保証を行ってくれます。

もし保証期間内に塗膜のひび割れや剥がれ、変色などの不具合が発生した場合には施工した業者が塗り直しなどの補修を行ってくれるものです。

ハウジングコートでもプランによって異なる保証期間を設けていますが、これはハウジングコートが独自に設けている保証となっています。

しかし塗料メーカーが保証しているを目にすることはほとんどありません。

塗装工事に必要不可欠な塗料の保証がない理由は一体何なのでしょうか。

□保証の種類

ハウジングコートの様に実際に施工を行った業者がそれに対して行う保証を「施工保証」と言います。

塗装を行った箇所の状態や使用した塗料によって保証期間が異なり、業者が同時に設けている場合と業者が加入している団体や組織が保証してくれる場合があります。

メーカーが保証するものには2種類があり、メーカーが製造したものに対して行う保証を「製品保証」、さらに独自に定めた保証が「メーカー保証」になります。

メーカー保証の中に製品保証も含まれますが、製品保証は初期不良や正しい使用方法に基づいたにも関わらず不具合が発生した場合に対する保証で、メーカー保証とは規定に沿った工事や加工なども含まれています。

□塗料メーカーが保証を行わないワケとは?

例えば屋根材や外壁材であれば製品の割れや反り、サビなどに対してメーカーの保証が付いています。

ただしこの保証は施主様ではなく、施工業者に対して適用される保証であるため施主様から施工業者を通してメーカーからの保証を受ける形になる点には注意します。

では外壁塗装や屋根塗装においてはなぜメーカーが保証を行わないのでしょうか。

大手塗料メーカーによると次のようなことが大きな理由になっているようです。

*施工品質の管理が難しいから

どの塗料メーカーも品質管理が難しいからと言う理由を挙げました。

大規模な建物の改修工事の場合には保証する場合もあるとのことですが、戸建て住宅では保証は行っていないのが現状です。

外壁塗装の作業工程は基本的にどの塗料を使用していても変わることはありませんが、それぞれの塗料に定められた施工法などがあります。

しかしながら全国に何万とある塗装業者のすべてがこの規定通りの工事をしてくれるとは限りません。

それゆえに様々な不具合が発生していることがこの理由の裏付けになっているでしょう。

塗装の仕上がりは実際に塗装する職人の技量によって大きく左右されるもので、工事もメーカーの目が届かない場所で行われるものです。

それに対してメーカーが保証をするのは非常に難しい話なのです。

□最後に

外壁塗装は業者の技量に委ねられていると言うことがはっきりと分かります。

後悔しないためにもまずはしっかりと信頼できる業者を探すことがなにより大切なのです。

福岡市・太宰府市・筑紫野市・大野城市にお住まいの方で、外壁塗装・屋根塗装・防水工事をご検討の方は、信頼と実績のある弊社ハウジングコートに一度ご相談下さい。
お電話・メールどちらでも構いません、懇切丁寧に対応させて頂きます!(見積もり無料)

Pocket