Pocket

外壁塗装ってどこまで塗るの?こんなところも!?

外壁塗装は漠然と壁を塗るものだと思っていませんか?

そのため「破風板の剥がれが気になってるけど外壁塗装の範囲内なの?」「塀の塗装も一緒にしてもらえるの?」と言った外壁塗装でどこまで塗装されるのかと言う点に疑問を抱く方も多いようです。

外壁塗装の範囲が曖昧なまま塗装工事が終わってしまうと「この部分も塗ってもらえると思ったのに!」と言ったトラブルが発生することが考えられるため、外壁塗装ではどの部分まで塗装がされるのかを事前に把握しておきましょう。

□外壁塗装・屋根塗装工事で塗り替える範囲

外壁や屋根は雨樋やシャッター、庇など様々な部位と共に構成されており、このすべての部位を塗り替えることが一般的です。

こうした部位をまとめて付帯部と呼びます。

付帯部も外壁や屋根と同様に紫外線や雨風に曝され続けており、徐々に劣化を進めているため塗装してあげる必要があるのです。

また、塗装工事は耐久性の向上と同時に美観の維持も兼ねているため、外壁は綺麗になっても雨樋やシャッターは色褪せしている、サビが出ていると言った状態では耐久性も美観も守られているとは言えません。

そのため、外壁塗装を行う際には基本的に付帯部も含まれていると理解しておきましょう。

□見積もりをチェック

付帯部の塗装までが外壁塗装の範囲内であることをお話ししましたが、見積書には注意しなくてはなりません。

外壁塗装の中に付帯部の塗装も含まれているべきなのですが、もし見積書に「外壁塗装一式」と書かれていた場合あなたはどう判断しますか?

破風板や軒天、雨樋も全部塗装してくれるのかと思いきや、業者は一式を作業工程の事だと説明する可能性も。

このような業者の場合一見安い見積もりに見えても付帯部の塗装が含まれていないため、付帯部の塗装をしようと思うと追加料金を請求される事態になりかねません。

外壁塗装をするから付帯部も含まれていて当然と思わずに、塗装の部位別に「外壁」「雨樋」「軒天」など細かく記載されているかを確認しましょう。

□最後に

今後劣化していくことを見据えて外壁塗装や屋根塗装をする場合には塗装できる箇所は全体的に塗装をしておくべきだと言えます。

それと同時に全体がきちんと塗装されるのかの確認も忘れずに行いましょう。

福岡市・太宰府市・筑紫野市・大野城市にお住まいの方で、外壁塗装・屋根塗装・防水工事をご検討の方は、信頼と実績のある弊社ハウジングコートに一度ご相談下さい。
お電話・メールどちらでも構いません、懇切丁寧に対応させて頂きます!(見積もり無料)

Pocket