Pocket

外壁塗装の際にはベランダの防水工事もご一緒に!

ベランダは雨が溜まりやすい構造になっており、日当たりが悪いことからもベランダにはコケが発生している住宅は多く見られます。

しかしながらベランダの防水工事は後回しにされがちです。

外壁や屋根を綺麗に塗装してもベランダにまで手が届いていないと、せっかく塗装したにも関わらず建物の耐久性の低下を招いてしまいます。

外壁や屋根の塗装を考えているのであれば同時にベランダの防水工事のことも考えてみましょう。

□ベランダに発生する劣化症状

ベランダにももちろん排水溝はありますが、屋根のような傾斜があまりないため雨が降ってもなかなか水が捌けず、雨による劣化が発生しやすくなっています。

特にベランダの防水機能が失われてしまうと隣接する外壁や室内への雨漏りの原因にもなるため対策が重要になります。

*防水層の剥がれ

ベランダは塗装もしくはシートによる防水処理がされており、いずれの場合でも劣化が進むと防水層の剥がれが発生します。

表面のトップコートのみが剥がれている状態か、さらにその下の防水シートまで剥がれているのかによって施工方法や価格が異なるため業者に正確に見極めてもらう必要があります。

*水たまり

屋根ほどの傾斜はないものの、ベランダにもわずかな勾配は付けられています。

しかし、ベランダに家具や床面に敷き詰めたウッドデッキなどにより水捌けが悪くなると水たまりが発生するようになります。

また、ベランダから繋がっている排水溝や排水口の樋の中にゴミが詰まっている場合にも水がベランダに溜まってしまうこともあります。

水たまりの発生は塗装による解消はできないため、大工工事や左官工事などが必要になります。

*雨漏り

上記のような状態を放置しておくとベランダ下の軒天や室内への雨漏りを引き起こします。

雨漏りによってカビや膨れが発生するだけでなく、建物内部の腐食を引き起こす恐れもあります。

雨漏りが発生してしまう前にベランダの防水機能を高めておくことが大切ではありますが、もしベランダからの雨漏りが発生してしまった場合にはベランダ周辺の外壁を一度解体し、内部の大規模な改修工事が必要になることも考えられます。

□最後に

外壁や屋根の塗装工事の際には足場の設置や養生など、付帯工事が発生します。

ベランダを後回しにすることによってベランダのみの工事が必要になった場合、再度付帯工事の費用が発生してしまうことになります。

そのため外壁や屋根の塗装工事の際にはベランダの防水工事も同時に行うことを推奨しております。

福岡市・太宰府市・筑紫野市・大野城市にお住まいの方で、外壁塗装・屋根塗装・防水工事をご検討の方は、信頼と実績のある弊社ハウジングコートに一度ご相談下さい。
お電話・メールどちらでも構いません、懇切丁寧に対応させて頂きます!(見積もり無料)

Pocket