Pocket

塗装工事における諸経費の謎を解説!

外壁塗装の見積もりを見てみると、各項目ごとに平米数や単価が明記されており「丁寧で分かりやすい!」はずなのに諸経費の内容だけが良く分からない、と疑問を抱える方は多いようです。

諸経費は数万円の場合もあれば十万円を超えることもあり、これだけの費用が発生しているにも関わらず何に対する費用なのかが分からなければ「諸経費と称して多めにお金を取っているのでは?」と不安にもなりますよね。

諸経費とは何のことを指しているのか、不安を解消すべく解説していきます。

□諸経費の主な内容

諸経費とは異なり、管理費として費用が発生している場合もあります。

現場管理者に発生する費用や施工図面を作成した場合には図面作成費用など現場に関わる管理費と、工事に必要な材料や消耗品の発注や在庫管理などの事務手続きに関わる管理費がこれに当たります。

そして様々な管理費は諸経費としても扱われることがありますので、もし見積もり書に管理費と諸経費が別々の項目として計上されている場合にはこれらの項目について業者に尋ねて内容を聞いておく必要があるでしょう。

また、多くの場合は廃棄物処理や職人の交通費が諸経費として扱われており、管理費などを含めて数万円~十万円前後の費用が発生しています。

中には十万円前後の諸経費に対し「諸経費の相場として適切なのか?」と疑問の声を寄せる方もありますが諸経費の算出は業者によって異なり、一律○○万円と定めているところや工事金額の10%を諸経費と定めている場合がほとんどです。

業者によっては諸経費や管理費の記載がない場合もありますがその場合でも諸経費は発生するものなので、他の見積もり項目に上乗せされていると見てよいでしょう。

□見積もりの判断は総合的に

諸経費の内容をそれぞれ図面作成費、交通費、事務手続き料と記載して内訳を明記している業者であればわかりやすいのですが、ほとんどの場合は諸経費で一括されています。

内容が不明瞭になる諸経費と言う記載だからこそ、見積もりの説明を受けるときに何に対して発生している諸経費なのかを明確に説明してくれる業者はお客様のことを十分に考えているものだと判断できます。

反対にばっちりな見積もりなのに諸経費を曖昧に説明する業者には注意をした方がよいでしょう。

□最後に

諸経費に対する疑問は解消されましたか?

さらに詳しく話を聞きたい場合には見積もりをお願いした業者に諸経費の内容や内訳を尋ねてみると良いでしょう。

福岡市・太宰府市・筑紫野市・大野城市にお住まいの方で、外壁塗装・屋根塗装・防水工事をご検討の方は、信頼と実績のある弊社ハウジングコートに一度ご相談下さい。
お電話・メールどちらでも構いません、懇切丁寧に対応させて頂きます!(見積もり無料)

Pocket