Pocket

外壁塗装工事って10年に1回じゃなかったの?築数年で色あせ、チョーキング!

夢のマイホームに心躍らせたのも束の間、わずか数年で塗装の目安である様々な症状が発生していまい「もう塗装を考えないといけないの?」と疑問に思っている方はいませんか?

実は外壁塗装において、新築住宅と一度塗装工事を終えた住宅とでは事情が少しだけ違うのです。

そのため10年に1度の目安を下回る期間での塗装が要求される場合も起こり得ます。

本記事では短期間で塗装工事が必要になってしまう理由とその際に注意しておきたいことについてまとめております。

□特に気を付けたいのは新築住宅

まず初めに、一度外壁塗装を行っていても施工会社の技術次第で数年でチョーキングが発生する住宅が見られるようになります。

チョーキングは外壁劣化サインの一つで塗膜が外壁の保護機能を失いつつある状態です。

放置することによりひび割れやコケ・カビの発生などを引き起こすため外壁塗装を考える一つの目安になっています。

つまり早い場合、数年で再塗装の時期が来てしまう場合もあるのです。

しかし一度きちんとした塗料で塗装しているのであれば短期間で塗装が必要になるケースはあまり考えられないのですが、ここで触れておきたいのが新築住宅です。

新築住宅のほとんどは初めに「アクリル塗料」で塗装がされています。

低コストと言う利点はあるものの現在使われている塗料の中でも最も耐用年数が低い塗料で、通常塗り替えの時には使われません。

なぜこうした塗料が新築時に使われているのかと言うと、新築住宅のコストをなるべく下げ、塗装が必要になった場合には自社に依頼してもらおうと言うハウスメーカーの思惑や新築住宅は一定期間伸縮により建物が動くため、高級品を使用してもひび割れが生じてしまう恐れがあるためなのです。

アクリル塗料の耐用年数は5~8年であり、塗装周期の目安である10年には及ばないため、早めの塗装が要求されるケースは起こりやすいと言えます。

□わずか数年での塗装、何に気を付ける?

住んでいる地域の気候や周辺環境により塗料の耐用年数には差が生じます。

15年持つ塗料でも日当たりの悪い場所や海の近くに家が建っている場合などはこの期待耐用年数を下回る可能性は高いでしょう。

そのため、同じアクリル塗料が使われていても必ずしも数年で塗装を検討することになるとは言えません。

本当に塗装が必要であるのかは必ず専門家に確認をしてから判断しましょう。

□最後に

住宅に限らず、美しく長持ちをさせようと思えば定期的なメンテナンスは欠かせないものです。

特に新築住宅であれば築5年が経過するタイミングで一度点検をしてもらうと良いでしょう。

福岡市・太宰府市・筑紫野市・大野城市にお住まいの方で、外壁塗装・屋根塗装・防水工事をご検討の方は、信頼と実績のある弊社ハウジングコートに一度ご相談下さい。
お電話・メールどちらでも構いません、懇切丁寧に対応させて頂きます!(見積もり無料)

Pocket