Pocket

外壁・屋根のメンテナンスが行われていないお住いに思うこと

自宅だけでなく、ふとした時に周りのお家の状態が目に付くことはありませんか?

広範囲に汚れが広がっているお家、ひび割れが無数に発生しているお家など、外壁塗装に興味がない方でもこうした状態のお家は自然と目に付いてしまいます。

今回はこうした深刻な症状が出ているお家に思うことを筆者独自の目線でお話したいと思いますので少々お付き合いくださいませ。

□様々な事情を抱えているとは思いつつも…

日常生活でも様々な地域の様々なお家を目にしますが、中にはこの状態で放置しているの?と思ってしまうようなお家を見かけます。

例えば外壁がボロボロで一部崩れていたり内部の鉄骨などがむき出しになっているお家は、まず第一に「危ないな」と感じていまいます。

もしかするとお住いの方は見た目ほど危険ではないと判断できる理由があるのかも知れませんが、崩れかけている建物の横を通行する方の立場を思えば「崩れてきそうで怖いな」と感じることでしょう。

実際に外壁が崩れたままでは最悪の場合、建物の倒壊にまで発展する恐れがあるものです。

特に集合住宅や店舗などでは外壁の落下による事故報告は多く、決して私たちが暮らす住まいが引き起こさないとは言い切れません。

それから汚れやひび割れも、外壁一面に広がっているようなお家があります。

新築時、あるいは前回の塗装でどのような材料が使われていたのかは分かりませんが、20年近くかそれ以上の期間メンテナンスをしていないのではないかと考えます。

塗装に詳しくない方でも長い間手入れをしていないんだろうな、と感じることでしょう。

汚れやひび割れが広く発生しているお家は築年数に関わらず、古くてどことなく暗いと言うマイナスのイメージを多く抱いてしまいます。

これはあくまでも私を含めた周囲の方が抱く感情であり、家主さんにとってはお節介な話かとは思いますが、印象だけでなくマイナスの要素はダメージとして住まい自体にもかかってきます。

汚れは放置しておくと洗浄では落としきれなくなってしまったり、ひび割れに至っては雨がもたらす腐食を引き起こす原因となってしまいます。

□最後に

私の個人的な意見ではありますが、外壁や屋根の状態が悪くなっていると建物自体のダメージとは別に、周囲の方やお住まいの横を通られた方へ知らず知らずのうちにマイナスのイメージや恐怖心を与えてしまっている可能性があると言うことをご理解いただければと思っております。

福岡市・太宰府市・筑紫野市・大野城市にお住まいの方で、外壁塗装・屋根塗装・防水工事をご検討の方は、信頼と実績のある弊社ハウジングコートに一度ご相談下さい。
お電話・メールどちらでも構いません、懇切丁寧に対応させて頂きます!(見積もり無料)

Pocket