Pocket

カラーシミュレーションを活用して塗装後のイメージを膨らませよう!

洋服や靴、アクセサリーなどは実際に試着をしてサイズ感や着け心地が合っているか、他のアイテムと合わせやすいかなどを検討することができますが、外壁塗装ではお試しで色を塗ってみることはできません。

決して安くはない費用をかけている上に色選びでは多くの方が悩まれるため、塗装した後のイメージが具体的に確認できればより理想的な塗装工事にできるのに…と思いますよね。

実際に塗って確かめることはできませんが、外壁塗装でもファッションと同じ様に試着ができるカラーシミュレーションがあります。

そこで今回はご自身でも簡易的にカラーシミュレーションを試せるツールなどをいくつかご紹介させていただきます。

□色決めの基本

色決めの打ち合わせは塗装工事の契約が結ばれた後に行われます。

打ち合わせの流れや内容は業者によって異なるものの、基本的にはご希望の色をお伺いした後に様々なツールでお客様へご提案し、更に詳しく要望を伺いながら最終決定となります。

ここで使われる様々なご提案ツールを一部ご紹介します。

*色見本帳

塗料メーカーより配布・貸し出しをされている色見本帳は、塗料メーカーの標準色や様々なサンプルを確認することができます。

塗料メーカーが実際に販売している色の見本なので、仕上がりにより近い状態を選ぶことができる他、色番号を指定することで塗料の発注もスムーズに行われます。

*塗り板

塗り板はA4サイズ程度の板に塗料が塗られているものです。

塗料メーカーが配布しているものや業者が独自に作成したものなどがあります。

色見本帳と異なるのは実際に塗料を塗って作られているため、塗膜の質感も確認できる点になります。

□自宅でもカラーシミュレーションをするには?

カラーシミュレーションは専用のソフトを持っている業者が複数のカラーパターンを作成してお客様にご提案するために使われます。

お客様のご自宅の写真を使ってシミュレーションが行われるため、建物の形状や周囲の環境を確認しながら比較検討ができます。

そして最近ではWEB上でも簡易的にカラーシミュレーションを行うことができるツールが登場しています。

ただし業者が使用しているツールとは異なり、ご自宅の写真を使用したシミュレーションは基本的にできません。

あらかじめ用意された住宅パターンからご自宅に近いものを選んで外壁や屋根、付帯部などの色を選択してシミュレーションをすることができるエスケー化研の「住宅塗り替えシミュレーション」や関西ペイント株式会社・日本ペイント株式会社の「カラーシミュレーション」など、大手塗料メーカーが提供するサービスを利用してイメージを掴むのも一つの手でしょう。

□最後に

カラーシミュレーションはモニターや印刷などにより色の見え方が異なる点に注意しなくてはなりません。

あくまでも色のイメージを掴む程度に留め、加えて実際に同じ色で塗装している家を見に行くことで理想の色を見つけましょう。

福岡市・太宰府市・筑紫野市・大野城市にお住まいの方で、外壁塗装・屋根塗装・防水工事をご検討の方は、信頼と実績のある弊社ハウジングコートに一度ご相談下さい。
お電話・メールどちらでも構いません、懇切丁寧に対応させて頂きます!(見積もり無料)

Pocket