Pocket

外壁にも起こる結露の問題と対策法!外壁にも起こる結露の問題と対策法!

寒い冬に窓ガラスを見てみるとぽつぽつと水滴が付いている状態を目にすることがあります。

これは皆さんもご存知かと思いますが結露と言う症状で、建物の中と外の気温差があると発生します。

結露は窓ガラスだけではなく外壁の外側・内側にも発生し、様々な問題を引き起こしてしまうため建築業界では結露が発生しないよう対処することを推奨しています。

では、結露が外壁にもたらす様々な問題とは一体何でしょうか。

□結露により発生する恐れのある問題

外壁の結露がもたらす問題には次のような症状が挙げられます。

*カビが生える

外壁に結露が発生している状態は湿気が多い事を示しています。

湿気はカビの好む環境であり、結露が発生するほど湿気をため込んだ外壁にはカビが発生し、繁殖してしまう事があります。

カビは見た目が悪いだけでなく、外壁材の劣化を進行させてしまう事にも繋がるため出来るだけ早く取り除いてあげます。

*水垢が残りやすくなる

水滴である結露は放置することで水垢として外壁に残ってしまう事があります。

水垢がシミのような状態になってしまうと完全に取り除くことが難しくなります。

*腐食する

最も深刻な症状として外壁材の腐食が挙げられます。

特に木材や金属を使っている場合には注意が必要です。

また、外壁内部で結露が起きている場合は気付きにくいこともあり、木材が腐ってしまう恐れもあります。

□結露対策

結露を完全に防ぐことはできませんが、深刻な症状を引き起こしてしまう前に結露対策を行い住まいを守ってあげましょう。

私たちに出来ることは次のような対策です。

*通気層を作る

外壁材の内側に入っている断熱材に湿気が溜まることで結露が起きてしまう場合があります。

そのため外壁材と断熱材の間に通気層を作ることで湿気が溜まるのを防いでくれます。

*外壁の色

熱は黒に近い色ほど吸収されやすく、外壁の色が暗い色であれば寒暖差による結露の発生を引き起こしやすくなります。

白に近い色を選ぶことで軽度の結露の対策をすることができる仕組みになっています。

しかし白に近い色は汚れが目立ちやすいこともあるため、色選びにおいては様々なメリットやデメリットを考慮することをおすすめします。

*親水性に優れた塗料を選ぶ

先ほど黒い色は熱を吸収しやすいとご説明しましたが、どうしても黒い色が使いたい場合には親水性に優れた塗料を選んでみるのも一つの手です。

水と馴染みやすい性質を持った塗料であれば結露の水滴を流し落としてくれるため、結露による様々な問題の対策になります。

□最後に

こまめにメンテナンスすることでも結露対策になります。

メンテナンスは結露対策だけでなく住まいをより長持ちさせることにも繋がるため、出来るだけメンテナンスを行ってあげると良いでしょう。

福岡市・太宰府市・筑紫野市・大野城市にお住まいの方で、外壁塗装・屋根塗装・防水工事をご検討の方は、信頼と実績のある弊社ハウジングコートに一度ご相談下さい。
お電話・メールどちらでも構いません、懇切丁寧に対応させて頂きます!(見積もり無料)

Pocket