Pocket

遮熱塗料と断熱塗料の違いとは?

夏の暑い時期に室内の温度が上昇するのを抑えてくれる遮熱塗料や断熱塗料。

どちらも省エネ効果を持っている塗料ですが、遮熱塗料は熱を反射するものとして、断熱塗料は熱伝導を抑えるものとして役割が異なっています。

外壁や屋根の塗装で省エネ効果も得たい、と考えている方は正しく塗料選びが出来るようにそれぞれの塗料の特徴を理解しておきましょう。

□遮熱塗料

遮熱塗料は熱の原因となる太陽光を反射し、室内の温度上昇を抑える機能を持っています。

気温が高くなる夏場には冷房のコストを抑えることが出来る魅力があり、熱がもたらす外壁や屋根への影響も抑えてくれる優れものです。

耐用年数は約10~20年で、断熱塗料と比較すると費用はお手頃だと言えます。

しかしその反面、熱を遮断し温度を下げる効果を持っているため寒い冬でも熱を遮断してしまうことになります。

□断熱塗料

断熱塗料は熱伝導を抑え、熱や冷気の侵入を防ぎ室内の温度上昇を抑える機能を持っています。

遮熱塗料とは異なり冬場の温まった室内の空気が逃げにくい保温効果がありオールシーズンに対応できる魅力があります。

耐用年数は約15~20年とやや遮熱塗料よりも持ちがいいのですが、その分コストが掛かってしまいます。

また、家自体の断熱性能が低い場合や立地条件によっては塗料の効果を十分に発揮できないこともあります。

□どちらの塗料を選べばよいのか

遮熱塗料を選ぶのか断熱塗料を選ぶのかは塗装する建物に使われている素材によっても左右されると言えるでしょう。

それぞれの効果は異なるため、夏だけ涼しく過ごせればいいと考えているのであれば遮熱塗料でも十分に希望を叶えることができますし、夏の暑さも冬の寒さも対策したいと考えるのであれば断熱塗料を選ぶことになります。

コスト面でも遮熱塗料と断熱塗料には違いがあるため、塗装のことを考えると共に今後の計画も検討してみるとどちらの塗料で塗装すればよいのかも自ずと分かるかも知れません。

□最後に

遮熱塗料と断熱塗料にはそれぞれにメリットもデメリットもあり、塗装するに当たって何を重視するかによって選ぶべき塗料が変わります。

コストが気になるところではありますがどちらも10年以上の耐用年数を誇っているため、長い目で見て塗料を選定すると良いでしょう。

福岡市・太宰府市・筑紫野市・大野城市にお住まいの方で、外壁塗装・屋根塗装・防水工事をご検討の方は、信頼と実績のある弊社ハウジングコートに一度ご相談下さい。
お電話・メールどちらでも構いません、懇切丁寧に対応させて頂きます!(見積もり無料)

Pocket