Pocket

住まいに使われる外壁材について

外壁はそれぞれのお住まいで色やデザインなどが異なっているものの、多くの住宅が「窯業系サイディング」「モルタル」「ALC」「金属サイディング」に分けられます。

あなたのお住まいはどの素材が使われていますか?

それぞれの特徴や必要なメンテナンスを以下に簡単にまとめてみました。

□窯業系サイディング

窯業系サイディングはセメント質と繊維質を主な原料とした、板状の外壁材です。

デザインが豊富で防火性が高く、施工が容易なため施工期間を短縮させることができることが大きな特徴となっています。

こうした理由から、現在の一般住宅で最も多く採用されている外壁材が窯業系サイディングなのです。

窯業系サイディングのボードは塗装仕上げのため、経年劣化によりチョーキングが発生するほか、サイディングボード自体の耐水性や強度低下、目地やサッシ廻りのコーキングが劣化するため定期的な塗装工事やコーキング工事などのメンテナンスが必要となります。

□モルタル

モルタルはセメントに水と砂を練り混ぜたもののことを指し、これにメタルラス(網目状の鉄板)や補強ネットをミルフィーユのように重ね合わせたものが外壁材になります。

重さも申し分なく、サイディングとは異なった形状や吹き付け、模様などの豊富なテクスチャーと防火性・防音性に優れていることが特徴です。

吹き付けなどはサイディングと同様に塗装仕上げなのでチョーキングが発生し、モルタルは性質上クラックが発生しやすいためこちらも定期的な塗装メンテナンスが必要となります。

□ALC

ALCはセメント・石灰・硅石などを主な原料とした多孔質コンクリートの外壁材です。

モルタルやコンクリートに比べ非常に軽く、断熱性や耐火性にも優れていることが特徴です。

ALCパネルには耐水性を付与するために塗装処理が施されますが、経年劣化により耐水性や強度が低下するため定期的な外壁塗装は必要になります。

□金属サイディング

金属サイディングは成型・エンボス加工(型押し)された金属板と裏打材によって構成される外壁材で、窯業系サイディングと同様に施工性に優れています。

窯業系サイディングよりも優れているのは重さで、耐久性や断熱性、防火性にも非常に優れているのが特徴です。

表面を保護しているトップコートが劣化するほか、サビが発生することもあるためやはり定期的なメンテナンスは欠かせません。

近年人気のガルバリウム鋼板も金属サイディングに分類されるためメンテナンスは行いましょう。

□最後に

お住まいの形状や材料によっても必要なメンテナンスが変わります。

ご自身のお住まいにどんな材料が使われているのかを把握しておくと役に立ちますよ。

福岡市・太宰府市・筑紫野市・大野城市にお住まいの方で、外壁塗装・屋根塗装・防水工事をご検討の方は、信頼と実績のある弊社ハウジングコートに一度ご相談下さい。
お電話・メールどちらでも構いません、懇切丁寧に対応させて頂きます!(見積もり無料)

Pocket