Pocket

無機塗料の耐用年数は30年?もっと持つ?

外壁塗装を検討する中で「無機塗料は30年持つ」と言う話を聞いたことはありませんか?

できるだけ質の高い塗料で長持ちする塗装をしたいと考えている方であれば30年持つ塗料は魅力的に感じるでしょう。

しかし一般的に10年~15年の塗装サイクルがあることと、よく使われているシリコン塗料の耐用年数が12年前後であることから、30年と言う数字には疑問を抱いてしまいます。

無機塗料自体は実際に使われている塗料ではあるのですが、耐用年数は本当に30年もあるのでしょうか。

□無機塗料とは?

無機物とは炭素を含まない石やガラスなどのことを指し、これらを主成分とした塗料を無機塗料と呼びます。

紫外線などの外的要因に強く高い耐久性を持っているため、シリコン塗料やフッ素塗料と比較しても耐用年数は長くなっています。

ガラスが何十年経っても劣化しないように、無機物は半永久的な耐久性を持っているものの100%無機物の塗料は作れないため、現在の無機塗料には有機物が混ぜ合わされているのです。

□無機塗料は30年持つの?

さて、無機物が主成分になっている構造上確かに耐用年数も長いのですが、結論から言うと無機塗料でさえ30年持つことはありません。

まず無機塗料においては100%無機物で塗料が作れないことに加え、無機物が何%以上含まれている必要がある、と言った定義がありません。

ほんのわずかでも無機物が含まれていれば無機塗料と呼ぶことが可能なため、無機塗料には注意が必要です。

また、無機塗料に限らず30年持つ塗料があったと仮定すると深刻な問題が発生してしまいます。

サイディング外壁の住宅には必ず使われているコーキングは長く持っても15年前後の耐用年数しかありません。

紫外線での劣化は塗料で保護することができますが、内部的な熱劣化などに関しては表面に塗られた塗料では保護ができません。

そのため、コーキングの耐用年数を大きく上回る塗料で塗装してもコーキングに寿命が来てしますのです。

□最後に

塗料の大手メーカー3社を見てみても30年持つ塗料と言うのはありません。

さらに、無機物の含有率に定義がない以上は無機塗料で塗装をしようと考えている方であればしっかりと塗料の選定をする必要も出て来ます。

福岡市・太宰府市・筑紫野市・大野城市にお住まいの方で、外壁塗装・屋根塗装・防水工事をご検討の方は、信頼と実績のある弊社ハウジングコートに一度ご相談下さい。
お電話・メールどちらでも構いません、懇切丁寧に対応させて頂きます!(見積もり無料)

Pocket