Pocket

代表的な塗料メーカーを比較してみよう!

外壁塗装の相見積もりを取る中で、それぞれの業者がそれぞれに異なった塗料を提案していて迷ったことがある、あるいは今迷っていると言う方はいませんか?

塗料についてあまり詳しくない状態では、とりあえずみんなが使っていて大手メーカーの塗料なら安心できると考えがちですが、メーカーや塗料によって特徴が異なるため一概になんでもいいとは限らないのです。

自分でしっかりと納得できた塗料で塗装工事を行えることが理想ですので、主な塗料メーカーの特徴をここで確認していきましょう。

□塗料メーカー5選

外壁塗装で使われる塗料のメーカーは数多くあるのですが、その中でも比較的用いられる塗料メーカーに絞ってご紹介していきます。

*日本ペイント

現在テレビCMでもその名前をよく目にするようになった日本ペイントは1881年に日本で初めて誕生した塗料メーカーです。

建築用のみならず自動車用・家電機器用・工業用と言った塗料全般の製造販売を行っており、大手かつ老舗ならではの安定した品質を誇ります。

2012年には「ラジカル制御形塗料」と呼ばれる塗料を開発したことでも有名で、国内外問わず幅広い展開をしています。

*エスケー化研

2017年には日本国内の「建築仕上げ材」におけるシェアを53%も獲得した最も使用されているメーカーになります。

セラミック系の塗料を多く取り扱い「省エネ」「快適」「健康」「安心」「安全」をキーワードに、新技術や新製品を生み出し続けています。

エスケー化研の塗料は有名なシンガポールのリゾート「マリーナベイサンズ」にも使用されているので驚きです。

*関西ペイント

1918年に誕生した関西ペイントは日本ペイントに次ぐ老舗メーカーです。

建築に関わる塗料以外にも飲料缶や家電製品、トンネルや各種鉄塔などのライフラインを担う場所にまで幅広いシーンで関西ペイントは活躍しているのです。

また、雨が降っていても塗装できる塗料を開発したことでも知られています。

*日進産業

あまり聞き慣れないメーカーの様に思えますが「ガイナ」と言われればピンとくる方も多いのではないでしょうか。

ガイナはJAXA(宇宙航空研究開発機構)の断熱技術を応用した塗料で非常に高い断熱効果を期待できます。

さらに、遮熱効果・騒音対策・消臭効果・空気質改善などの機能も備わっており、快適な居住空間を実現してくれます。

*アステックペイント

先日もご紹介したアステックペイントはオーストラリアではナンバーワンの外壁建築用の塗料メーカーです。

オーストラリアの気候に対応した性能はひび割れや紫外線に強い塗料となっています。

□最後に

どの塗料を選ぶのかはもちろん大切な事ですが、実はどれだけ優れた性能を持った塗料でも施工する業者の技術次第で期待できる効果に差が生まれてしまいます。

塗料だけにこだわらず、広い視野を持って塗装工事に臨めるといいですね。

福岡市・太宰府市・筑紫野市・大野城市にお住まいの方で、外壁塗装・屋根塗装・防水工事をご検討の方は、信頼と実績のある弊社ハウジングコートに一度ご相談下さい。
お電話・メールどちらでも構いません、懇切丁寧に対応させて頂きます!(見積もり無料)

Pocket