Pocket

【太宰府市】ドローンを使った屋根の点検とは?【筑紫野市】

ハウジングコートでも屋根の調査を行う場合には用いているドローンは、近年採用している塗装業者も増えております。

ドローンには高性能なカメラを始めとした精密機械を搭載しており、地上にいながら上空からの写真を撮影する事を可能にしています。

しかし、ドローンと言う言葉を耳にするようになったもののまだあまり馴染みがないため、ドローンでの屋根調査に不安を覚える方もいるでしょう。

そこで今回はドローンを使った屋根の調査についてご紹介いたします。

□ドローンを使って調査してもらった方がいいの?

ドローンを使って屋根の調査を行うことには業者にもお客様にもメリットがあります。

建設業における死亡事故の原因は約4割が屋上や屋根からの落下事故である事からも分かるように、屋根の上は非常に危険な場所なのです。

工事に携わるプロでさえ屋根から落下してしまうのですから、屋根に上って調査を行うことには危険が伴います。

業者にとってはドローンを活用すれば屋根に上る必要もなくなり、落下事故のリスクをなくすことができるのです。

また、屋根の劣化が進行していると屋根に上った際に屋根材が割れてしまうこともあります。

お客様にとっても調査のために屋根材を傷付けられてはいい気分ではありませんし、業者としてもお客様の大切なお住まいを傷付けることは避けたいものです。

こうした場合にもドローンを用いた調査で屋根材を傷付ける心配がなくなります。

そしてお客様にとって大きなメリットになるのは、業者と一緒に屋根の状態を確認出来ることです。

お客様が屋根に上れない以上は屋根の様子を知る手段は業者の調査報告以外にありません。

屋根の上で何が行われていてもお客様には分かりませんし、それを利用して故意に屋根材を傷付けて報告する悪徳業者もいます。

しかしドローンがあれば屋根全体を確認することができ、どの部分が劣化しているのかを具体的に見ることが出来ます。

□ドローンを使った屋根調査の注意点は?

とは言えメリットばかりではなく、注意すべき点もあります。

一つはドローンを飛ばせる場所に制限がある事です。

国土交通省で定められている地域や密集地帯でドローンを使用する事は原則禁止なっており、こう言った場所でドローンを使用する場合には国土交通省の認可が必要になります。

また、場所によっては独自の規制を行っている自治体もあるため、業者や官公庁に確認をとる必要があります。

二つ目は天候に左右されてしまう事です。

強風や雨天の場合には機体が損傷する恐れがあるため飛行はできませんし、バランスを崩したドローンが建物にぶつかってしまい、傷付けてしまう可能性もあるためです。

そしてドローンを運用する際にはプライバシーの問題やプロペラの回転音による騒音問題に注意しなくてはなりません。

近隣の方への配慮を怠るとトラブルに発展してしまうケースもあります。

□最後に

ドローンは非常に優れていますが、同時に騒音やプライバシーに関する問題を抱えてしまうことになります。

便利で安心に留めず注意点についても押さえておきましょう。

福岡市・太宰府市・筑紫野市・大野城市にお住まいの方で、外壁塗装・屋根塗装・防水工事をご検討の方は、信頼と実績のある弊社ハウジングコートに一度ご相談下さい。
お電話・メールどちらでも構いません、懇切丁寧に対応させて頂きます!(見積もり無料)

Pocket